« セントライト記念 | トップページ | オールカマー予想 »

2007年9月22日 (土)

たがみよしひさ

この作家さんの作品ならばどんな駄作であろうとも必ず目を通しておきたい、そんな作家さんって皆さん少なからずいらっしゃいますよね。作品個別のファンではなくその作家のファン。自分にとってのそんな漫画家さん達をちょこちょこまとめていきます。

たがみよしひさ

4565t5t57777777_3

初めて見かけたのは無論出世作「軽井沢シンドローム」だったかな。中学卒業する頃だったっけ?当時大好きだった高橋留美子のめぞん一刻が読みたくて買ったビッグコミックスピリッツに連載されていました。高橋留美子は結局「らんま1/2」の途中で読むのやめちゃったんですが、たがみさんはいまだに本を見かけると(古本屋含む)必ず買って帰ります。

癖のある絵柄は読者を限定しそうですが、一時期にスピリッツの読者アンケート第一位を獲得したこともあるんですよね。堤大二郎主演(耕平ちゃん役)でTVでの実写ドラマ化計画もありました。(結局、撮影中のスタッフ事故死によりオクラ入り・ちなみに純生役は林家こぶ平/当時名)

現在病気療養中でほとんど作品は書いていない筈です。20年経って描かれた続編「軽井沢シンドロームSPROUT」のあとがきに詳しいですが、腱鞘炎から始まり、アルコール依存、ある種の神経症的な症状など軽くギャグっぽくさらりと流していますが近年の絵の荒れ方をみると洒落にならないような凋落っぷりです。この続編では耕平ちゃんも中年になり、なおかつ前作のある事件を契機に神経を病んでしまっているのが作者とオーバーラップしてなんとも切ない。

*先日スプラウトを読み返したんですが、たがみさんが患っていたのは10数年前から、自律神経失調症・パニック障害・統合失調症などの精神疾患だと本人があとがきで記していました。その他に上記で書いた腱鞘炎とかアルコール依存とかですね。スプラウトの絵柄の崩れ方は見ていて切なくなります。

いまや消えた漫画家にランキングされそうな勢いですが、3頭身ものではなくリアルなたがみさんの奴が読みたいなぁ。以前忍者モノやると聞いて凄く期待してたんですが、出てきたのが「お江戸忍法帖」。これはこれでいーけれどさ、「HERO」・「フェダーイン」のときのようなテンション、「化石の記憶」・「ウォン」・「ファイター」・「滅日」のときのような綺麗な絵柄で滅茶苦茶クールな忍者漫画を描いて欲しかった~。アニメ映画の「獣兵衛忍風帖」みたいな奴。絶対に似合うと思うんだよ。絵柄もストーリーも。アップになった頭巾からのぞく鋭い眼光の絵とか頭に浮かぶもの。異能の力を持つ異様な忍者達とか。ぜ~ったい面白い筈なんだけどなー。今でも心の底のほうで足の小指の爪の先ほどの期待を膨らませてる。

作者一番の長期連載になった「Nervous breakdown」で漫画家としての精も根も尽きたのかなぁ。三輪クンと安堂ちゃんのコンビは大好きだったけどこれも後半失速気味だったし。作者自身失敗作と断言した「Frontier line」よりも同じ戦記ものでありながら近年の「ベルリンの豹は最悪に面白くなかったとか。

波はあるけれど、大好きな作家の一人なので良かったらぜひ読んでみてください。

追記)たがみさん本人が書いているブログを見つけました。今年(2008)の6月から始めたようです。色んな病状や現状などが書いてありますのでファンの方は是非チェック!

|

« セントライト記念 | トップページ | オールカマー予想 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

軽シンの構想は、喫茶店りんどうから生まれたのですすか?

投稿: 相沢耕平 | 2017年6月11日 (日) 18:47

ども、初めまして。
病状を危ぶんでるたがみセンセですが、静養後の復帰ってあるんでしょうかねぇ。どーもあの性格上もう飽きたってことになったら絶対描かないよーな気もしますが。(笑)

唯一持っていなかったたがみサンのコミック「PEPPER」を最近アマゾンのusedで1500円で購入したのですが、今月文庫化されてましたね。ハハ…。
「ベルリンの豹」は売ってしまいましたが、それ以外は「精霊紀行」から「依頼人から一言」から「ウォン」、「侠客」に至るまで全部持ってますよ~。(ガルビオンのビデオもどっかにある筈)「たがみよしひさマガジン」とかもあります。唯一持ってないのがイラスト集の類。今度それも集めようかなー。

個人的には「ファイター」の続きをひどく読みたいんですが。掲載誌がつぶれたからしょーがないっすけどね。

投稿: イシュト | 2008年2月24日 (日) 01:24

はじめまして。ボクもたがみファンなんですが、「スプラウト」はちょっと残念だったかな?画的になんかおかしかったし、話ももう少し続きそうだったのに・・・。
軽シンのその後ならば、もう少し描いて欲しかったのが本音ですが、腱鞘炎とかアルコール依存とか、色々書いていましたからね~コマの外側に。

最近、たがみさんの新刊が何処にも見当たらないから、心配はしていたのですよ。やっぱり、静養中で、仕事を控えていらっしゃるようなんですね・・・。
早く復帰して、また青春群像劇でもいいから、描いてもらいたいですね。

投稿: 森山ネム太郎 | 2008年2月23日 (土) 04:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セントライト記念 | トップページ | オールカマー予想 »