« エリザベス女王杯結果(ちょい当たり) | トップページ | 第24回マイルチャンピオンS予想 »

2007年11月16日 (金)

玉砕倶楽部に偶然たどり着いてしまった…。

玉砕倶楽部といってもよっぽどのマニアの方じゃないと分からんだろーなぁ。

商業誌ではコミックコンプという雑誌に掲載されていて、コミックス化されたら買おうと思ってたらその後雑誌が廃刊になり単行本化されなかったという悲劇のギャグ漫画。元々は地元での同人誌で発刊、その後ふぁんろ~ど(雑誌)への投稿、掲載依頼などで一部の筋者に人気を博してました。

大滝よしえもん(旧名:義則)っていう作者の手による作品群なのですが、元々は弟(正治郎)さんが先にスタートしていた同人誌シリーズで、地元の即売会などで見かけるとよく購入してました。(玉砕倶楽部ZXとかBLACK RX、しにそう、なんかはまだ手元にあります)

高校時代(84年!)、数人の仲間と同人サークルを立ち上げたことがあり、そこに参加していた卒業生の歯医者の息子が運営していた別サークルで当時玉砕倶楽部を発行していたので、名前もよく聞いてたし何よりも面白かった。

ボトムズのキリコを彷彿とさせる神谷右兵(うひょう)が登場する4コマ漫画が主流なんですが、そのぶっ飛び振りがデムパ的で凄かった。読んで貰わないと多分面白さが通じないんですけど、延々と続く脱力駄洒落ネタの繰り返し(土管がどかん系)が下手うまチックな絵柄と相まって、なんだか脳内麻薬が出そうな雰囲気を醸し出してました。

そこに実兄の義則氏が参加して兄弟冊子で進んでいき、商業誌のふぁんろ~どなどにも随時掲載してたのですが、弟さんは確か地元のテレ朝系TV局にあっさり就職してしまい執筆活動からは手を引いてしまったようです。(個人的には弟さんのやる気があるんだか無いんだか分からんあの雰囲気が好きだった。兄貴の方の漫画とかはちょっと欲が見え隠れして…ごめん)

まあそんなこんなで、好きだなーとは思いながらも即売会にはもう20年近く足を運んでないし(あ、1回前の会社の仕事で写真取材に行ったな)、あえて捜してまで新刊を買おうとも思わないし(でも当時、唯一シリーズで追っかけてた)、同人誌「玉砕倶楽部」は押入れの天袋に転がったままだし、正直日常からは忘れた存在になりつつあったところ…

(ここからが本文)前振りなげーよ俺。

先日、「ながいけん」という大好きなカルト漫画家についてブログUPしたのですが、その頁のアクセス解析を見ているうちに面白そうなサイトをみつけてしまい、そこ熟読。面白い。ただ、どっかでこの文体に出会っているような気がする。そのうち気になる単語もちらほら出始めた。恐る恐る確認でTOPに戻ってみるとそこには玉砕倶楽部の文字が…!!!!!!!!!

直接サーチした訳でもなく、知人から聞いた訳でもなく、自分のブログのアクセスを辿っていって偶然見つけた面白いサイトが、高校時代(20年前)ハマっていた地元同人誌のWEBだったという現象にちょっと驚いちゃったなり。というか何らかの同じ周波数が出てるのか???未だに??

玉砕倶楽部HPはこちらをクリック。ただターゲットをかなり選ぶサイトかも。

http://gyokusai.tank.jp/

えー、まるで関係ないんですが、この玉砕HPの日記バックナンバーを読み返していて、5~6年前に2ちゃんを騒がせていたらしい強粘着の荒しヒッキー・柏木孝文(別名:汚物)の件を知り、関連サイトをずっと遡って見てましたが、結局この方は裁判で負けて秋田書店に550万の賠償金は払ったんでしょうかね??そこまで辿りつけなかった。

玉砕の本文よりもこっちの展開が面白くてずっとROMってしまいました。この人もう30後半でしょ今?まだ引きこもって小学生みたいな絵描いたり、ネット上で荒しを繰り返したりしてんのかな?もしかしてまだ母親のパート代から毎月のお小遣いを貰って漫画買ったりエロ同人買ったりしてんのかな?

その件のまとめサイト

http://www.angelfire.com/clone/obutu/

追記)

この方、2008年の1月に住んでいた集合住宅の自室に放火して現住建造物等放火の罪で逮捕されたみたいですね。その時点で37歳無職。何やってんだろ。

|

« エリザベス女王杯結果(ちょい当たり) | トップページ | 第24回マイルチャンピオンS予想 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エリザベス女王杯結果(ちょい当たり) | トップページ | 第24回マイルチャンピオンS予想 »