« やっと歯が生えてきた! | トップページ | ある意味懐かしいスウィニー・トッド »

2008年1月19日 (土)

ヤッターマンもう一度見てみると…

OP・ED違和感問題で揺れているヤッターマン2008。

私も断然、山本正之信者なんでこのブログでももとに戻したほーがよいと書いてきましたが、嫁がレコーダーに録画してくれていた第一話をもう一度鑑賞。

あれ?案外面白いし、歌もそんなに違和感ないぞ(歌はね)

OPで叩かれたのはやはりあの演奏なのでしょう。改めて聞くと世良正則の歌声はそれほどこの歌に違和感がない。勿論本家本元が一番良いのは分かりきってますが、現代風と割り切って聞くと結構いけるかも。

ただ、やはり演奏がアコギメインで寂し過ぎるという印象は変わりませんでした。バリエーションのひとつとして単体で聞けば、何の問題もないのだけれど、ヤッターマンの主題歌としてはちょっと辛いのです。(別によっちゃんが嫌いだとゆー訳じゃあないっすよ)それと気のせいか、なんだか音が通常よりも小さい気がします。山本正之の歌声がはっちゃけた元気のある童謡&軍歌っぽい感じなので、比較すると尚更こじんまりした印象になってしまってます。録音レベル調整するだけでまた印象変わるんじゃないのこれ?

しかし私も含めて皆さん、幼少時代に山本正之の音楽が骨の髄まで染み込んでしまっていたんだなぁというのは大きな発見ですね。3悪がオリジナルキャストだという期待感があった故に、音楽も前作の雰囲気を踏襲しているという思い込みがあったんですね。

タイムボカンシリーズの面白さ=3悪の掛け合い+山本の音楽、という無意識の公式が出来ていて、それがよりによって番組の顔たるOPで食い違ってしまった為、ここまで皆が批判することになったのでしょう。まあ、注目されるというのはある意味よいことですが。多分クールごとに主題歌が切り替わると思いますので、次がどんななのか期待してます。

とりあえず再視聴してみて思ったこと。ドロンボーメカの操縦席に常に流れているBEEP音が前と殆ど同じで、凄く懐かしく、かつ嬉しかったです。前回見たときはOPの違和感で真剣に見る気をなくし、途中から鍋を食ってビール飲むほうに集中してたんで、絵は目に入ってもストーリーや台詞が全然頭に入ってませんでした。次回ちゃんとまた録画して見てみます。

あとEDはもうこの御時世しょーがないです。楽曲宣伝枠として音楽会社にその枠を買って貰うことで、制作費を捻出したり、ゴールデンの時間に放送枠を確保できたりするんですから。純粋に3悪の絵を使った「音楽のCM」が流れてるという認識でいくしかないです。そりゃ希望いえば、ここは山本御大か3悪がED歌ってシメるのが常道ですけどね。うん。

|

« やっと歯が生えてきた! | トップページ | ある意味懐かしいスウィニー・トッド »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっと歯が生えてきた! | トップページ | ある意味懐かしいスウィニー・トッド »