« 初熱。 | トップページ | 第57回スプリングS&第56回阪神大賞典 予想 »

2008年3月23日 (日)

上條淳士&単行本未収録初期作品

久し振りに漫画家カテゴリーを追加。ちびの夜泣きで起こされてからずっとネットしてる日曜日の朝6:20…。コトノハのサーバーがまた落ちたみたいなんでブログ更新しときます。

上條淳士は最近作品を描いているのかな~。公私ともに相方だったYOKOさんと別れてからは、あんまり見てない気がする。というより雑誌を読まなくなったので単行本が発売されないと進捗が分からないのです。「SEX」の単行本もこの別離の影響(著作権の問題・YOKOさんが描いた女性キャラ等の描き直しの問題)で刊行が再開されるまで足掛け12年も待たされたし。しかも旧版では一部効果的に使われていた2色パートカラーがなくなり、紙質も悪くなり、版型まで小さくなるなど、ちょっと問題ありだったんですが、まあ12年も経ってやっと続きが読めたんだから文句はないですけどね。

↓ちなみにこれが旧版

上條淳士/Sex 1







上條を気に入ったのは、実は今の端麗な絵柄のときではなく初期の雑然とした読みきり時代のこと。ストリートチルドレンが跋扈する退廃した瓦礫のスラム街、壁にペイントされた実在のパンクバンドの名前、スパイクや鋲を打ち付けた革ジャンやリストバンドを身に纏った登場人物達…。パンクを聞き始めてた頃ということもあり、もの凄く惹きつけられました。映画「ウォリアーズ」や「マッドマックス」、「爆裂都市」といった廃墟スラムっぽいモノにハマっていた時期でもあったし。

200803221921000

これが多分最初に読んだ上條の漫画だと思います。YOKOさんの名前も入ってるし。切り取りが雑なのは勘弁してください。この頃は綺麗に保管するという頭が無かったので(笑)前編後編に分かれたこのギャグ、そう当初はギャグから入ってるんですよこの人。まるで江口寿史みたいですねー。この後も数本描いてますが、この味はしばらく残ってます。

200803221920000

これも基本ギャグですね。後のZINGYに登場するJ(だったっけか)の原型もいます。パンク少年という紹介文が可愛いですね。

200803221919000

次に見かけたのがこれ。今までとスタイルの違う学園モノなんですが、これは多分編集者から学園モノのギャグを描いてみてよと言われたんだろうなーと推測。この他にも幾つかあるようなんですが、全部は網羅できず私の手元に残ってるのはこれだけ。

そして初の週刊連載となったZINGY。

200803221924000

初期のパンクス達の雰囲気を残しつつも、近未来SF(少しギャグ)でSTART。初連載ということもあり原作付きなんですが、これが雁屋哲なんだよ、美味しんぼの。この頃でいえば男組・男大空の。これが噛み合わない噛み合わない(笑)読んでるとその微妙な空気が紙面から感じられてちょっとしたストレス。まあそこそこ面白いんだけれど、上條の絵柄にどうしても雁屋の旧態依然とした物語展開は合わない。上條もそれを感じてたらしく、原作にはないギャグや、コスチュームを特化させることにのみ後半はのめり込んでいったようにも見える。ある程度「仕事」「週刊連載の練習」と割り切って。

そしてこの後「TO-Y」の単独連載が始まり、人気を博し現在に繋がる訳ですが。このTO-Yの連載中に現在の絵柄への整理が行われたようにも見受けられます。今読んでも面白いよこれ。描きたいものを描いてる楽しさが前作とは違い感じられます。作中の時代背景は確かに現在とはズレてしまいましたが。まだこの頃は今のようにロックはメジャーではなかったから。

上條はこの当時(今もなのか?)STUDIO ZIZOU名義の制作プロを作っていたようで、初期作品の端々にそのプロダクション名の落書きがあります。そこのスタッフも何人かプロ化しましたが、最初はやはり上條の影響のある亜流になってます。

これとか

200803221923000

これ。

200803221926000

中津賢也は今でも活躍してますね。むたこうじは「そのとき歴史は動いたコミック版」とかそーゆーのでまだ描いてるみたいです。いま検索してみたんですが。

これら(アシスタントは含まず)の初期作品群は絶対に単行本化しないと思うんですよね。今とあまりに絵柄が違い過ぎていて、本人が拒否するのが見えてます。よっぽどのマニアじゃないと買わないだろうし。作品一覧はwikiのこちら。あーやっぱかなり読んでないのがあるわー。

現在はあのスタイリッシュで緻密な絵柄から、量産には不向きになってしまったように思えますが、逆に全編フルカラーの1冊3000円くらいの新作を出したらどうでしょう。俺は買うけど(笑) 本人は江口寿史と大友克洋に影響受けてたよーな気はしますが、彼の影響を受けた後進の漫画家は多いと思います。寡作になってしまったのが非常に残念。

|

« 初熱。 | トップページ | 第57回スプリングS&第56回阪神大賞典 予想 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初熱。 | トップページ | 第57回スプリングS&第56回阪神大賞典 予想 »