« マグナムTOKYOこと黒木克昌の消息(1) | トップページ | 実写版ドラゴンボールのポスターお披露目… »

2008年7月19日 (土)

マグナムTOKYOこと黒木克昌の消息(2)

(1)から続きます。

マグナムは2006年、IJタッグ王者決定トーナメントに望月と出場するも、準決勝でCIMAの逆水平チョップを受けて眼窩底骨折し、そこから長期欠場を余儀なくされていました。

眼窩底骨折 : 眼球周囲の骨折(最も薄い眼窩底が多い)を生じ、眼球の運動障害、眼球陥没(がんきゅうかんぼつ)、複視(ふくし)(物が二重に見えること)などが生じる。

それが原因のひとつだったのか、他の要因があったのかは分からないがマグナムは怪我とともに体調不良を訴え、長期欠場に突入したが症状は改善されず試合に出れない状態が続く。会社に迷惑をかける、それを苦にしてなのか、はたまた他の理由があるのか、これまた不明だが2007年4月9日、記者会見で退団を発表。他団体への参戦等は行わず「限りなく引退に近い形」であると発表された。


ネットの噂ではマグナムが横領を働き、それを理由に解雇されたなどともっともらしい事を書いてあるものも多くあったが、それは無いと思います。



そして今年6月22日、かつて所属していた空手の大道塾空道への恩返しとして、大道塾コロンビア支部への派遣指導員として旅立っていったことが大道塾の公式サイトにて発表されていた。以下がその文面。

去る6月22日、南米コロンビア支部へ日本より黒木克昌(くろきかつまさ)指導員(弐段)が派遣されました。南米地区では2006年11月に行われたコロンビア大会以降、近隣の中米、南米諸国よりセミナー開催の要望・問い合わせが本部へ数多く寄せられておりました。

ところが、最近の世界的な景気減速の中で、特にこの地区は経済状況が思わしくなく、支部開設の条件である、「塾長+指導員を招聘(しょうへい)しセミナーを開催する(参照:大道塾海外支部開設のポリシー)」ということが非常に難しい状況でした。しかしコロンビア支部カイセド支部長の「コロンビアはじめ、南米地区の空道と大道塾への興味が非常に高まっている今、なんとかして指導員を1カ月でも良いから派遣して欲しい!」という強い要望もあり、昨年の運営委会議を通じて、何度となく国内支部からの短期派遣の黒帯を指導員を募集していました。

しかし、中々希望者がなく双方共に実現は不可能かと諦めつつありました。そこに元寮生であり、以下の略歴をもつ黒木克昌(くろきかつまさ)指導員が、「次の活動への充電期間でもあり、卒寮後は育てて頂いた大道塾へ直接的に何の貢献もできていなかったという想いもありますので、自分で良ければ行かせて頂きます」という申し出がありようやく実現の運びとなりました。

黒木指導員は約2ケ月の間、コロンビアを拠点として空道の普及と技術指導にあたります。今回の派遣を期にコロンビア、ウルグアイで開催されるセミナーにカイサド支部長の補佐として参加、その間に予定されている、塾長のコスタリカ、ブラジルでのセミナーにサポートとして入る予定です。現地からのレポートはおって掲載します。

現在、マグナム(黒木)はコロンビアの地で空道の普及と技術指導にあたっています。現在の様子を伺うにはこちらの黒木克昌コロンビア奮戦記にて見ることが出来ます。元気そうなのでひとまず安心はしていますが、もうプロレスに復帰することはないんでしょうか。「あのときの」感動はまだ胸にしっかりと刻み込んであるんだぜ。気が向いたら大好きなプロレスにまた戻ってきてくれ。

このブログを書くために色々なサイトを調べてたら、SUWA(ジュードー・スワ)も既に引退していることが判明しました。後期はドラゲーを退団しノアなどで活躍していたようですが、30歳になったら引退する、と表明していたようで現在の様子は こちらのブログでみることが出来ます。



初期闘龍門ファンにはちょっと寂しい事実ではありますが、まあ万物は流転する訳だから。ずっと同じものなんてありゃしない。そう思って彼等の新しい道を応援したいとは思います。

そういえばまだ当時会場で買った闘龍門Tシャツやマグナムシャツ、SUWAシャツも下着として現役で活用してるんよ。今度ドラゴンゲートの興行、久し振りに行ってみようかな…。それよりもGAORAの契約が先か(笑)

追記:どうもこの記事のアクセスが急に増えたので、何だろうと思って検索したらマグナムがハッスルに登場したらしいですね。詳細はよく見てませんが。(2008.11.22)

|

« マグナムTOKYOこと黒木克昌の消息(1) | トップページ | 実写版ドラゴンボールのポスターお披露目… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

マグナムTOKYO
「ハッスル」で復活しました。

あの曲で入場しダンスを踊る様を見て、
涙ぐみそうになりました。

闘龍門時代のような試合内容ではありませんが、
DRAGON GATE 退団直前と違い、
シェイプされた上半身を露にし繰り出される得意技の数々に
感動を覚えました。


ご存知かとは思いましたが
ついコメントしてしまいました。
失礼します。

投稿: 通りすがり | 2009年5月11日 (月) 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マグナムTOKYOこと黒木克昌の消息(1) | トップページ | 実写版ドラゴンボールのポスターお披露目… »