« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月25日 (月)

快傑ズバット OP ED(もう一回)


昨日載せたズバットですが、よく見るとOPの肝である冒頭の投げキッスがカットしてあったので改めて載せときます。
タイトルコールは初期の奴ですね。確か第4話以降は宮内洋本人の勇ましい声のバージョンですから。このパターンはちょっと声が間抜けな感じで正直あまり好きではないです。

EDは乗馬シーンですが、確かこれが一番最初のクランクインだったと記憶してます。

| | コメント (0)

ロボット刑事 K OP


いわゆるロボコップのはしりです。(まあ厳密にいえばアシモフの鋼鉄都市というSF小説の古典がありますが)

姿形は人間をパロディ化したような鋼鉄の肉体。だけど彼には感情があり、詩を愛し、動物を愛する心がある。

原作のコミックはそこを丹念に描き、物悲しく哀切なものを感じます。醜い自分の体を理解しながらも、機械としてしか扱ってくれない同僚の古参刑事に黙って従うその姿。(後半徐々に打ち解けていきますが)

このOPも格好いいのですが、どこか物寂しいメロディを感じるのは気のせいでしょうか。思い起こすと当時の主題歌にはこういった何処か物悲しいメロディが多く含まれていたようにも思えます。

ある種の「差別意識」を物語に内包させた裏テーマを感じるので尚更そう思うのかもしれません。

| | コメント (0)

忍者キャプター OP


これは特にシリーズ化もされなかったし、通常の一子供番組として当時としてもそれ程人気を博した番組ではなかったのですが、個人的には大好きでした。

変身ではなく今で云うところの強化服を着用し、各々の志向性をパワーアップした忍術(あれを忍術というかどうかはともかく)で戦うという設定。それぞれに得意分野がある者が集まり集団を成している状況ってのが好きなのです。

雷忍、水忍、花忍、土忍、金忍、風忍、火忍、それぞれのモチーフをあらわしたヘルメットデザインが美しい。ちなみに雷忍を演じる潮健志は仮面ライダーでショッカーの幹部地獄大使を演じていた性格俳優。癖のあるおじさんがメンバーに、それも1番の位置にいるというのも妙に渋くて好きでした。

超人ロックの聖悠紀が昔、コミカライズしてました。持ってた筈なんですが、何処にいったやら。

| | コメント (0)

快傑ズバット OP(前半おまけ付)

なんだかブログが停滞気味。ちょっと趣向を変えましょう。

これは現在でも巷間に名前の出る伝説の特撮ヒーロー番組。ある意味カルト的といっても差し支えない。宮内洋の最高のハマリ役であり、自身もこれを代表作と言い切る渾身の傑作。私の脳裏にも同じように熱く焼きついている。

確かに今観ると陳腐に感じる部分もあるがこれは子供番組、幼少時リアルタイムで観ていた自分には、痺れるような格好よさを感じさせてくれた。気障を絵に描いたような宮内洋の演技の大半は本人の意向によるもので、OP冒頭の投げキッスも本人のアドリブで決めたものだと以前ムックで読みました。どう見得を切れば格好よく映るかを研究しぬいて撮影に臨んでいたそうです。

日活映画の渡り鳥シリーズを彷彿とさせるキャラ設定、毎回組織の用心棒と繰り広げる腕自慢対決。

「いい腕だが日本じゃあ二番目だ」
「なにっ!じゃあ日本一は誰だっ!」
ヒュウ(口笛吹いて)チッチッチッチ(指先を振り)
自身を指差してにやりと笑う!

↑ここ!ここが毎回の見所なんだ。か、格好ええ…。

| | コメント (0)

2008年8月16日 (土)

宇宙大帝ゴッドシグマ OP


小林亜星とささきいさおペアが懐かしいゴッドシグマ。
旧き良き子供向けロボットアニメの正統派OPという感じがしますね。聞いてるだけで元気になる気もします。

キャラクター原案は漫画家の新谷かおるです。眼鏡の人はどう見ても新谷キャラですね。うん。

EDで太陽系の惑星配列を覚えた方も多かったのではないでしょうか。今、冥王星無いですけどね。

| | コメント (0)

2008年8月 8日 (金)

初めての海水浴&初めての溺れ

えー、なんか日常のことをすっかり書かなくなってますけど、ちょいとまとめてあげてみましょう。おちびを連れて海へ行った話とか。

7月28日(日)

前の日に奥さんと何故かホテルの朝食バイキングっていいよね~、特にスクランブルエッグとカリカリベーコン、ってゆー話で盛りあがり、チョット行ってみるかということで近所のホテルオークラまで珍しく朝早くから散歩がてら出発。(休日の午前中から動くことは滅多にない私達…)

うちら家族以外は皆さんご宿泊のお客さんだけみたいでちょっと肩身狭い感じだけども、気にしない気にしない。お目当てのスクランブルエッグ(もうちょっと火が入ってる方が好き)とカリカリベーコン、パンにポテトにサラダにフルーツ、ご飯に梅干に焼き魚、生オレンジジュースにヨーグルトに珈琲・紅茶でかなりゲッツリ状態になりました。あ、上記のメニューには子供に食べさせた分とその余りも入ってますから。念のため。

まあお一人様2310円ですからね。そうそう毎週食べる訳には参りませんよ。夫婦ともども腹いっぱいのまま、ホテルのロビー休憩所でおちびの歩く練習もついでにしてきました。←元を取ろうとしてる訳ではないw 絨毯の毛足が長いので転んでも怪我しないから。

他のお客さんや女性従業員に愛想振りまいてました。相変わらず誰彼構わず愛想のいい子だなーこの子は。

その後、日差しも強いので、一度は海を体験させるか!と車で近くの海水浴場まで連れていったのですが、どーも波が怖いらしくて一向に波打ち際に行こうとしません。かといって砂遊びに興じる訳でもなくグズりっ放し…。あげくに砂の付いた手で顔とかいじるからもう大変。殆ど抱っこしてたような気もするなあ。初チャレンジ失敗ということで子一時間で帰宅しました。(親はよく焼けましたよ)

8月2日(土)

弟が子供2人連れて帰省しており、彼等に便乗する形で、妹夫婦とうちら親子で寺泊までお出かけ。私は本当は仕事があるのですが、お母んとパートさん達のご厚意により昼間のみ休みを貰って3家族で出かけさせてもらいました。よく考えたら兄弟3人でそれぞれの家族を連れて一緒に遠出するってのはこれが初めてだなあ。

甥っ子達は海でテンション上がりっぱなしでしたが、うちのちびは相変わらず波が怖いらしく絶対海には近付かない。妹の旦那が気を利かせたつもりでミニボートに乗せて海へ連れ出そうとしたらもうガン泣き!結局荷物置いてあるシートの脇で乾いた砂に足埋めて遊んでましたよあいつは。

そうこうしてるうちに3時も回り夕方からの仕込みに間に合わないため、うちら親子だけ先に撤収。あんまり急ぎすぎて浜焼きも食べず蟹も買わずにきちゃいました。失敗失敗。やっぱ一日ゆっくり出来る状態で行かなくちゃダメだね~。



8月6日(水)

タイトルの「溺れ」は海水浴のときじゃありません。いつもの通り風呂に入れてたんですが、水位も低かったので先に入ってろ、と湯船の中に立たせてさて俺も入ろうかなとしたらザブンという音!はっと見ると沈んでるよオイ!慌てて抱き上げるとげほげほ言いながら鼻と口からお湯がダラダラと…。暫く咳き込んだ後ガン泣き。いやー、ご免。申し訳ない。心底ヒヤリとしました。しばらく泣くと落ち着いたようでその後は何の変わった様子も泣く笑顔で遊んでましたけど、つくづく子供は目を離せないってことを痛感しました。もう歩くから外出するときも車には気をつけさせないとね。大きくなるまで無事に育てるってことは本当に大事業なんだな、と自らの親にも感謝。

これで風呂が嫌いになるかなと思ったのですが、翌日は何もなかったように上機嫌で入ってましたよ奴は。ええ。

| | コメント (0)

2008年8月 3日 (日)

赤塚不二夫さん逝去

漫画家の赤塚不二夫さんが本日夕方、肺炎のため急逝されました。

天才の名を冠された稀有なギャグ漫画家だったと思います。

Photo

天才ギャグ漫画家の作業とは己の精神の中にある「なにか」をスライスして見せていくことであり、ストックが切れたらそこで終わり、という説をよく目にします。特に赤塚さんや、鴨川つばめさん(マカロニほうれん荘)などがそのタイプで、それを越えてまで創作を続けると、アルコール依存や精神疾患など、己の限界を越えるための「何か」が必要になり、やがて心身ともにボロボロになってしまうと。

晩年、往時の勢いは確かにありませんでしたが、それはまぎれもなくギャグ作家として全てを出し尽くした証だったとずっと思ってました。一時代を築いた天才作家、安らかにお眠りください。これでいいのだ…。

赤塚先生、天国まで お~でか~けれ~すか~(涙)crying



リンク: 漫画家の赤塚不二夫氏死去 「おそ松くん」「天才バカボン」(産経新聞) - Yahoo!ニュース.

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »