« BIG3をからかった洒落のキツい画像 | トップページ | 第53回有馬記念 予想 »

2008年12月23日 (火)

M1、俺的にはオードリーが優勝でした。

昨日飯食いながらM1を観てました。

そういえばM1を観るのはこれが初めてだな。何組か私の好きなお笑いコンビが出場していたので楽しみに鑑賞。ザ・パンチも期待してたんですけど思いっきり緊張してたみたいですね~。おねが~い、来年はM1に出てこないでぇ~!(´,_ゝ`)

敗者復活戦で成り上がったオードリーが最高得点で1位通過も凄かったんですが、最後の3組での最終決戦は個人的にはオードリーの圧勝のように思えました。結果はNON STYLEの圧勝だったのですが、ネタ的にはオードリーの方が圧倒的に面白かった。久し振りに笑いすぎて涙が出てきました!



まあ、ネタの良し悪しではなく漫才の技術を競う訳だろうし、素人が面白いと感じるものとプロが面白いと感じるものも違うだろうしねえ。ネタはそれこそ放送作家から買ってる漫才師も数多くいますしね。やすきよなんかも殆どそうだったんじゃないのかな。(でもやすきよが凄いのは15分のネタを薄めずに30分でやれることだと思います)


オードリーかナイツのどちらかが優勝だと踏んでいたのですがNON STYLEでしたか…。まあ二年連続敗者復活から優勝なんてことになれば、最初の審査は何なんだって話にもなりますもんね。でも正直漫才の話術を競うのか、ネタの面白さを競うのか、「面白い」漫才を選ぶのか、はっきりして欲しいなとは思いました。

NON STYLEも面白くないとは言わないけど、そこまでのネタ(芸)かこれ?という印象が非情に強かった。街灯しか覚えてないよ彼等の漫才。見ていて、ああナイツかオードリーだな、これ面白くないもん、と嫁と会話したの覚えてるw




でも予選通過のときの紳助のコメントはちょっと戴けなかった。「好きじゃない」と言って暗にオードリーへの票を牽制したようにも思えてしまう。結果が出てからの総評ならともかくこれから最終審査へ入るときの審査委員長の言葉がこれなら、他の審査員の判断にも少しは影響出るでしょ。「あとは好みの問題」って…。好みじゃなくて純粋に漫才の技術を判断するイベントなんじゃないのこれって?よく分かりませんが。



「好みの問題」にするんだったら、最終審査は観客にまかせてもよかったんじゃないでしょうかね。技術評価関係なさそうだし。

色々と大人の事情もおありなんでしょうけどさ。ウィ。

|

« BIG3をからかった洒落のキツい画像 | トップページ | 第53回有馬記念 予想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BIG3をからかった洒落のキツい画像 | トップページ | 第53回有馬記念 予想 »