« 80,000HIT御礼 | トップページ | 第14回マーメイドS 結果 »

2009年6月10日 (水)

ガンダムお台場に立つ

ガンダム放送30周年を記念して現在お台場に原寸大1stガンダム(18m)を建設中ですが、7/11の公開を控えて作業も大詰めに入っているようですね。

Photo_2

というか、発光ギミックやスモーク装置付ければもう完成じゃないスか、この感じ。凄いね。こうやって見ると。デカイわうん。

もし仮に実在したとしても、とてつもなく1機あたりのコストがかかりそうな雰囲気ですねこれ。とてもじゃないけど、数十機、数百機が群れをなして侵攻するという姿を想像するとまず先にソロバン勘定してしまいそうです。1人のマンパワーに与える装備じゃないですこれ。

原作そのままだと流石にチープになりそうなので、カトキっぽいディティールで修正されております。

Photo

富士急ハイランドのガンダムは昔からありましたが、あれは寝てますからね。立つとその巨大さが否が応でもわかります。

Photo_2

夜は発光ギミック大活躍でちょっとした夏のデートスポットにもなりそうな悪寒。まだライティングされてないけど、夕日に立ち尽くすガンダム格好良すぎ。

Photo_3

これ、鉄骨フレームに外装FRPで35トンあるそうですが、中に駆動システムや動力炉なんて入れたら軽く100トンは越えてしまいそうですな。アニメの設定だと43.4トンですが、実際に計算した方によると、RX-78タイプで適性機体重量145トンだそうです。(推進剤や武装含まず)

こんなのがノシノシ歩いていたら対戦車ミサイルやRPGの格好の的になりそうな気もしますね。でかいから。ていうか、この重量でアニメのような機敏な動きをしたらとてつもなく怖いです。

夏休みが終わったら、終了らしいですがその後このオブジェはどこへ行くんでしょうね。何気に全国巡業の旅に出るような気もしますが、移動・設営だけで数千万かかりそう…。(でもちょっと見たい)

追記)よそのブログで見た案なんですが、117億で国営マンガ喫茶作るくらいなら、その予算でこんな感じの原寸大アニメロボット達を多種多様にずらっと並べた風変わりな現代彫刻美術館・またはテーマパークのようなものを設営した方が、よほどシンボリックになるし何より国内はもとより世界各国より集客が見込めますって案。

それナイス!ガンダムに鉄人28号、ボトムズにマジンガーZ、流石にマクロスとかイデオンはなしだけど、117億あれば用地買収と箱モノ建設に半分使ったとしても(最悪屋外展示という方法もある)10体近くはオブジェ制作可能なんじゃないのかな。

巨大ロボットという発想も日本のアニメ・マンガ文化の財産の1つであることは間違いないわけで、どうせ予算を組むなら官僚もこれくらいの大胆な発想力は持って欲しかったなと思う次第です。

|

« 80,000HIT御礼 | トップページ | 第14回マーメイドS 結果 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465413/30047892

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダムお台場に立つ:

« 80,000HIT御礼 | トップページ | 第14回マーメイドS 結果 »