« 六神合体ゴッドマーズ OP | トップページ | 新潟ローカルヒーロー「超耕21ガッター」見参! »

2009年7月 5日 (日)

マジンガーZ/グレートマジンガー/グレンダイザー OP&ED

■マジンガーZ

いわずと知れた搭乗型巨大ロボットものの元祖。永井豪が渋滞中の車の中で考えた「混みあった車をまたいでノシノシと歩いていけたら気持ちいいだろうな」という夢想から生まれたこのコンセプトは、今に至るも国の内外を問わずある意味スタンダードとして定着してしまいました。それはよく考えると(考えなくても)凄いことだよね。始祖なんですから。

私は小学生の頃に、このムーブメントの洗礼をモロに被りましたから、やはり今でも愛着ありますね。マジンガーの顔は今でも何も見ないで描けるくらいです。ただそれほど好きではなかったんですよね。

放送と時を同じくして「超合金シリーズ」という玩具が発売されたのですが、クラスの男の子の1/3近くは持ってたんじゃないのかと思えるほどの大人気!私も当然買ってくれ、と懇願してたのですがなかなか買って貰えず、ある日、代わりにきたのがこれ↓

Photo  

向かって右のホバーパイルダーの超合金でした…(泣)ちなみに左はジェットパイルダーですね多分。子供同士の人形遊びだと当然、こんな飛行機ものは弱いという前提で遊ばなければいけず、ロケットパンチの格好の的になってました。ヨヨヨ。昔うち貧乏だったからなぁ。買って貰えただけで有難いことではあったんですけどね。でも純粋に間違えた可能性もあったりして。マジンガーって書いてあるからこれでいいだろ安いし的な(笑)でもそれがトラウマになった気も…。

OP冒頭のプールから競りあがる姿はやはり格好いいです。何故わざわざプールの下に格納してるんだと言われても「格好いいから」としか言えないですけどね。やはり男は秘密基地的に滝つぼから飛び出したりするのに憧れます。

■グレートマジンガー

イヤ、これ一番格好いいから。俺好きだから(しれっと)

マジンガーZには今ひとつ乗り切れてなかった少年の私は、続編のグレートはハマって見ていた記憶ありますね。鋭角的なデザインが好きだったのかなとも思いましたが、多分主人公の剣哲也が割とハードボイルドちっくなキャラだったので、好みだったんでしょうね。兜甲児がどーもガチャガチャした性格だったし。ニヒルでクールな大人という設定に憧れていたので何割増しかになってたのかも。

OPのノリノリ感は前作を遥かに凌駕しています。

■グレンダイザー

フランスではゴルドラックという番組名で放送され、平均視聴率70%、最高視聴率100%の数字を弾き出したのは有名な話です。多分、フランスのある年齢層の方にとっては日本人における鉄腕アトム並かそれ以上の知名度なのだと思います。

以前、どこかで読んだ話ですが、鉄鋼業界のサミットのようなものがフランスで行われ当時技術力で世界をリードしていた日本の技術者や鉄鋼会社の方々が来賓扱いでセレモニーに呼ばれたのですが、彼等を歓迎するためにフランスの方々がレセプションの目玉として用意していたのは2m程度の鉄製のグレンダイザーのオブジェ。

仏側としては、日本・鉄・ロボットという発想の元に、フランス国内において圧倒的な知名度を誇るこの日本作品のオブジェを作ることで、日本人への歓迎の意を示そうとしたらしいのですが、いかんせん現地へ赴いたお偉いさんや技術者の方はそれが何をかたどって何を意味しているのかまったく分からず、チンプンカンプンだった、という話です。フランス人なら老若男女問わず知ってるのだから、当該国の日本人なら喜ぶだろうと思ったらしいのですが、見事にスベったようです(笑)

|

« 六神合体ゴッドマーズ OP | トップページ | 新潟ローカルヒーロー「超耕21ガッター」見参! »

懐かしのアニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六神合体ゴッドマーズ OP | トップページ | 新潟ローカルヒーロー「超耕21ガッター」見参! »