« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月27日 (木)

侍戦隊シンケンジャーにハマってます。

274_1

地元ヒーロー、超耕21ガッターのステージショウを子供に見せてからヒーロー熱が上がり、次に見せた競馬場でのシンケンジャーショウで完全にうちのチビのチャンバラ熱に火が付きました。元々はWii sports resortのチャンバラゲームが発火点なんですが。

それで放送を録画して子供と一緒に夫婦で観始めたのですが、最初の「子供騙し感」を乗り越えたら急激に面白く感じはじめちゃいました。最初、本屋の絵本コーナーで見かけたときは、「何これ?マスクが漢字なの(笑)」という程度の印象しかなかったのですが、陳腐な部分をベースにしながらも、逆にそれを利用したりして途轍もなく面白いドラマ作ってますよこれ。

何だか子供の頃に見た「超神ビビューン」とダブりました。当時地元ではまだ放送されておらず、ネット局の夏休み特番で登場したそのヒーロー達の名前(ビビューン、バシャーン、ズシーン)を見た瞬間に子供ながら「馬鹿にしてんのかよ?」という腰砕け感があったのですが、いざ放送が始まったらまるでそんなのが気にならなくなったあの感じ。

陳腐な設定が真剣に、大真面目にドラマとして語られ始めると、その演出の妙意に魅せられてしまい、その陳腐さすら格好よく思えてしまうというこのトリック。観てない方は分からんと思いますが、彼等は「モヂカラ」という一種「言霊」に似た文字の力を以って変身するヒーローです。「ショドウフォン」という携帯電話型の特殊な筆で空中にそれぞれを象徴する文字を描き、そのパワーでシンケンジャーに変身する訳です。

「モヂカラというパワーが存在する」と云う設定さえ飲み込んでしまえば、逆に「その世界内でのリアルさ」を表現することにより、ドキドキするような高揚感を与えてくれます。この変身シーンはとてもよく出来た演出で見ていて生理的に気持ちがよいです。最後、顔に貼り付いてマスク化するという流れも感覚的に納得できます。子供からしても分かり易い。私が気に入ったのは、変身を解除するときの演出。毎回出てくる訳ではないんですが、解除して普段の姿に戻るときに今迄身体を覆っていたスーツの物質化現象が解けて、元の文字に戻っていく様子が表現されてます。湯気のように身体全体から小さな文字、例えば「火」が大量に立ち昇って消えていく訳です。これはイイ!陳腐な部分をリアルに表現することで説得力が増加される。

敵は三途の川の住人である「外道衆」なんですが、生前悪事を為した人間が地獄に落ちて化け物になった集団のようで(個人的な推測と絵本からの情報)、江戸時代からこの集団とシンケンジャーの戦いは続いております。そう、今のシンケンジャーで18代目なんです。過去のシーンもちらりと出てましたが、昔はショドウフォンではなく高名な名僧があつらえた霊験あらたかな筆などで変身してたのかなぁとか想像を膨らませてみたり。(TVでは現代と同じ道具でしたけどw)

B001qub84u_09_lzzzzzzz

これがそのショドウフォン。




敵の話が出ましたが、一癖ある幹部が二人いて今後の展開が楽しみです。一人は「薄皮太夫」。生前、吉原の花魁を生業とし、身請けしてくれる若旦那がいたらしいのですが、その男が自分を捨て別な女と祝言をあげることを知った怒りと嫉妬と恨みで、祝言会場に乗り込み屋敷に火を放ち自分もろとも全員を焼き殺してしまった業深い女です。

5ca5740_1239581150953

手にもつ三味線は愛する男の魂が姿を変えたもの。死の間際ですら自分ではなく結ばれる筈だった女性の生死を気遣う男の心に対しての血の涙を流すほどの哀しみ、あの世でも決して一緒にはさせないという狂った想いから魂を抱いて共に地獄に引きずり込み三味線に姿を変え肌身離さず持っているという設定です。だからこの三味線は傷付けられれば血を流すし、魂になってもなお恋しい女と引き離された怨嗟の声を上げています。

この話を見たときの印象。「おい、これ子供番組だろ?」かなり凄い設定です。外道衆の首領である血祭ドウコクはこの太夫がお気に入りで、酒と太夫の三味線が唯一の慰めになっているようです。子供番組なのでそれ以上の描写はないですが、太夫、ドウコクの情婦ですね絶対。この外道衆も「悪の組織」というよりは、死んで地獄に落ちた連中が集った山賊のような集団。だから気に入らない部下がいれば何の躊躇もなくこの首領は部下を殺します。酒を飲みながら。ちょっとハード。



もう一人気になるのが、こちらの腑破十臓。彼も江戸時代に生きていた人間らしいのですが、肺病を病みながらも人間を斬る感触に溺れ続けた人斬り。人間を斬ること、強い相手と戦うことのみに憑りつかれた業深き者。

Photo

変身後の姿はそれほどではないのですが、この役者さんがまた渋くて格好良い。女性ファンがなかりいるようにお見受けします。強き侍と相対することにのみ主眼を置いているので、目下の目標はシンケンレッド。自分とレッドの戦いを邪魔するものは同じ外道衆であろうとも容赦なく斬り捨てます。組織においても風来坊のような存在。昔のハカイダーみたいな感じか。

そして私が見始めた頃にはもう登場していた6人目のシンケンジャー、シンケンゴールド。殿であるシンケンレッドが幼少の頃、近所に住んでいた寿司屋の幼馴染。夜逃げで引っ越す際に殿から友情の証に貰った折神(秘伝ディスクだったか?)を自分で解析し、変身原理を発見。モヂカラの無い彼はメール入力のように電子モヂカラを発動させスシチェンジャーで変身するようです。

Tv0907l

4401e150cda26ad4f899a0ece1aed289_2 4543112551245_2

このスシチェンジャーが秀逸ですなw 皆の変身時の掛け声は「一筆奏上!」ですが、彼だけ「一貫献上!」だし(笑)変身前は屋台の寿司屋さん。腕前はかなりのものらしく、人間の姿のときの腑破十臓も褒めてました。ただ何で寿司屋でゴールドで光なのかなーと思ったのですが、彼だけ全身が均一の色ではなく青が混ざっている。青?光?青魚で光りモノということかい!(笑)腰につけた剣もサカナマルという居合い用の魚型の剣だし。割箸の袋を手裏剣のように投げるしwww ムードメーカーでお笑い担当ながらもその居合いの腕は他のシンケンジャーを寄せつけないといった処もちょっと好きです。しかしこの人だけまた一人別なロボットをもってきてますが、それも個人で開発したんでしょうか。すげえエンジニア。寿司屋にしとくにゃ勿体無い。電子モヂカラで作ったのかな??

しかし、ゴールド登場&変身の際の周囲の反応が面白過ぎ。

「スシチェンジャー!寿司ディスク(SE:イラッシャ~イ)

「一貫献上!」→シンケンゴールドに変身

「俺が6人目のシンケンジャー、シンケンゴールドだ!」

みんな唖然…。

「ピカピカやし…」 (ことは)

「殿!私不勉強で6人目がいるとは知らず…!」 (流ノ介)

「俺だって知るか!何だあれは!」 (殿もびっくり)

「聞いてないぞ!シンケンジャーに6人目とは!」(アヤカシもびっくり)

「俺らだって聞いてないぞ!」(千明)

なにこのショートコント(笑)

※ちなみにモヂカラを使えば、「馬」と書けば馬が出てきますし、「大」と書けば小さな折神を巨大化させることも出来るんです。

いや~、面白くてなんか筆が止まりません。イエローの子がまだ若干16歳でその京都弁がとても可愛いとか、ピンクのツンデレっ振りが凄まじいとか、主役の殿はこれが役者デビュー作だとか、書く事まだまだ一杯ありますよ。とにかく脚本と演出の方に非常に敬意を払う気になった子供番組です。見始めるとはまりますから一度ごらんになってみてください。

それとネットでみかけたシンケンジャー弁当。ゴールドが多いのは玉子焼きを流用しやすいからでしょうか(笑)

2009_0709_2  090529_07200001_2 124482504961516101536_p6120177 Img_892237_18216215_0  Img_242496_2644935_0   

続きを読む "侍戦隊シンケンジャーにハマってます。"

| | コメント (0)

2009年8月24日 (月)

ドラゴンアイスを食す

今年は子供の水着も買ったのだが、うまくタイミングが合わず一度も行ってない。

昨日もちょっとプールというほどではなかったので、一度水遊びした競馬場の子供広場へ行きました。私は馬券買いに。奥さんはドラゴンアイスが食べてみたいということで。

ついてさっそく2つ購入。

200908231325000

マンゴーとチョコレート。よく調べてないので不明ですが、アイスをさらに低温で凍らせたものをかき氷の機械でシャリシャリのアイス製かき氷にしたもののようです。食感が柔らかく旨い!マンゴーめちゃ旨いんですけど。

※調べましたが、練乳を混ぜた特殊な氷を使ったかき氷らしいですね

あまりに旨いので帰りにもう1つ「火山塩」味を食べようと思ったのですが、最近シンケンジャーのシンケンブルー大好きっ子であるうちのチビの「あおっ!」の要望によりブルーハワイになりました。とほほ。いや、でもこれ本当に旨い。1皿500円だけどボリューム感があるように見えるのでそれほど高いという印象はない。また行こうかな。

あ、馬券はまた掠って外れました。残念。それとさきほど終了した高校野球。文理のナイスファイトに100点をあげましょう。実に面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

「超耕21ガッター」私的販売促進計画案(2)

えー、(1)を書いてから既に一ヶ月くらい過ぎてますが…。忙しくてまとまった時間が取れなかったのも一因ですが、ちょっと飽きちゃったのかなという可能性も(笑)やはり露出が少ないと一過性の話題として葬られてしまう可能性がありますね。

でも、先日会った嫁の友人に「続き書いてないじゃん」と指摘されたので、もう少しだけ頑張ってやってみましょうか(笑)だってうちの子、いまシンケンジャーに夢中なんだもん。私も2回ほど見ましたが、数十年振りに見る戦隊シリーズは以外に面白かった。いやいやガッターの話でしたね。


超耕21ガッター販促計画素案 その2

その1では事業の目標を設定してみた訳ですが(というかキャラクタービジネスによる商品の販売・提案を既に企画元は表明してますが)、この事業目標を達成する為にはまず「ガッター」という着ぐるみヒーローの認知を図らなければなりません。細々と小さなイベントにのみ出演していても既存のご当地ヒーロー達の残骸に埋もれてしまうだけで、目新しさもなければ、発展性もありませんから。

素案1では、事業に対してのスポンサード協賛はつけないとしましたが、先駆者である「超神ネイガー」のようにメイン協賛社としてローソンを巻き込み、5分番組を制作すると云うのはメインの認知手法としては大変有効な手段だと思います。何よりもTV媒体で定期的に目に触れるという効果は非常に大きい。これに関してのの営業活動は既にやられていると思いますので、ここでは割愛します。

それではガッターの認知度をUPさせる為のより具体的な内容の検討に入りましょう。

県民に対する認知度UPの手法)

1)イベントプロモーションの訴求

2)多様な媒体への継続露出

認知度UPの手法1について)

ステージショーを基本とする本企画の場合、待ちの営業スタイルではとても事業として成り立つような結果を挙げられる筈がなく、各方面に対するアプローチが重要な要素となるが、ボランティアでない限りその作業に専属の人員を割くことは人件費的にも困難であり、ショーを希望するクライアントの発掘作業が滞ることになる。

この場合、やはり一番効率が良いのは県内の広告代理店、イベント運営会社、TV・ラジオ局の事業部等にきちんと作成した媒体資料を手渡し、営業の依頼をかけることであろうと考えられる。既に固定クライアントとして抱えている顧客に対し、アプローチをかけるのは容易なことであるし、新規顧客に対しての営業活動や自社イベントなどでの使用も検討出来る訳なので、単独で動くよりは遥かに効率が良い。ただし、現在の価格設定(基本6万?)では正直安過ぎるとはいえる。クライアント側としては安価なイベント題材は諸手を挙げて賛成するが、コミッション商売である代理店などでは利益の薄さからそれほど本腰を入れて営業するとは考えられない。また公式サイト上で誰もが出演料をチェック出来る現状では代理店側が安易に粗利を加算することも不可能であり、「旨み」が少ない作業と判断される危険性もある。

そのため、直接交渉の場合とは違う代理店向けの価格の高いパッケージ企画を今後立案していく必要性があると考えられる。中身としては素案1で述べたようなブース設営やサンプリング、会場や公式サイトでの社名掲載は勿論のこと、印刷物や電波媒体におけるキャラクターの一時的な使用権なども考えうるのではないだろうか。

上記のような手法を取らず、あくまで直接営業に拘る場合においても詳細な媒体資料は必要である。簡易なもので構わないが、ターゲットとして考えられる業種に向けて一斉にDM送信し、各個情報の拾い集めを行う。

【対象業種の一例】

・百貨店

・観光地(各観光組合、温泉ホテル等含む)

・JA新潟

・遊園地

・自治体(祭り関連含む)

・幼稚園、保育園、小学校

・新聞社、雑誌社

・イベント施設(新潟ふるさと村等)


認知度UPの手法2について)

とにかくまず露出を増やさないことには始まらないので、検討材料の叩き台としてブレスト風に箇条書きでまとめてみます(というか眠くなってきて頭が回りませんw)

・地元TV局のローカル情報バラエティ番組の1コーナーとしてブッキング

 ※但し1局で行うと、以後他局でガッターをパブリシティとして取り上げなくなる可能性あり。現在考えられるのは「イブニング王国/BSN」「スマイルスタジアム/NST」「夕方ワイド新潟一番/TeNY」「super Jチャンネルにいがた/UX」

・版権商品のサンプルとしてJAを通じ、ガッターブランドの米袋を安価で提供

・他県のご当地ヒーローとのコラボ

・行政の啓発ポスターの素材として提案

・デザイン、映像系専門学校との作品コラボ

・遊園地などでのレギュラー興行

・同人誌即売会(ガタケット)での商品販売、同様の商品のネット販売

・県産品イベントでのパフォーマンス

・アルビレックス試合会場でのパフォーマンス


眠さで限界となりましたので一旦ここで終わって後日(3)に繋げます。おやすみなさい。

| | コメント (1)

2009年8月 9日 (日)

第44回関屋記念 予想 &結果

前回シンケンジャーSHOWを子供に見せに行った際に、語呂合わせで買えた400万馬券を見事に落としましたが、如何お過ごしでしょうか私。

今日は墓参りに行きますので競馬場へは行けません。というか滅多に行かない(行けない)んですが。それほど予算もありませんのでちょっとだけ購入しておきましょう。

三連複 2頭軸流し

5)マルカシェンク 13)スマイルジャック を軸に以下流し

2)マイネレーニア 3)ライブコンサート 7)キングストレイル 11)ヘッドライナー 12)ヒカルオオゾラ

5通り 各200円(1000円)

本日は新潟まつり最終日で花火が上がるのですが、最後のフィナーレはナイアガラなんですよね。ここで9)のナイアガラなんか来ちゃった日にはどうしたらいいでしょう(笑)←こねーよw

)結果

13)スマイルジャック 12)ヒカルオオゾラ 14)マイネルスケルツィ で確定。2番人気、1番人気、13番人気の順でした。

三連複12990円 三連単56290円

マルカシェンク16着(笑)ナイアガラより悪いでやんの。3番人気だったのに。その他購入した馬は殆どが下位に沈みました。夏競馬はやっぱ相性悪い…。(他の季節なら当たってるかといわれればそうでもないんだけど)

| | コメント (0)

2009年8月 4日 (火)

水と土の芸術祭2009 探訪 その3

(5)北澤潤/信濃川やすらぎ堤(柳都大橋先)

200907250619000

この作品を見て、非常に良いコメントをされている方がいらっしゃいました。「どこの難民船が流れ着いたのかと思った」(笑)

200907250620001

私の感想。「何で水の上にホームレスの住処があるんだろう(笑)」

いや、これはないだろ実際。某かの意味をもって制作されているんだろうけども、作ればいいってもんでもないでしょうに。そりゃ「水と土の」って言うくらいだから分からんでもないんですが、この「芸術」はちょっと難解ですね(笑)正直難民船を展示しておいても通用するかもしれません。

200907250620000

私らが訪れたのは早朝だったのですが、係留されているこの作品上に上がるためのはね橋が外されており、「管理者がいない場合は上陸しないで下さい」の立て札が立ってましたが、近所のおっさんとか平気でホイホイ上がってましたね(笑)まあ、転落事故防止の為のエクスキューズなんでしょうけど。

(6)新潟大学工学部岩佐研究室/水上バス乗り場

200907250631000

これについては特に何もいうことはありません。座りたければ座って水上バスを待っていて下さい。これを芸術と言い張るのは流石に私でも出来ませんでしたので。

今回このイベント全体の経費として5億が計上されているらしいですが、何処にどのように配分されているんでしょ?殆ど見ることのなかった手塚真プロデュースのCM映像にもかなりの金額が流れているようですが…。

| | コメント (0)

2009年8月 2日 (日)

水と土の芸術祭2009 探訪 その2

3)王文志/信濃川やすらぎ堤(萬代橋ー八千代橋間)

これですよこれ。まだこの芸術祭の存在など全く知らんときに偶然建築中のこの「鳥かご」を見かけたのが、興味の発端でした。私らは朝、ウォーキングしてるときに発見して「何だこれ?」になったんですが、川沿いに走ってる道路からも見えるので結構車で通りがかって「何?何?」となってる人は多いようです。

200907220704000 200907220620000

制作途中の段階では、ここまでみっしりと先住人の住処のように編み編みされてなかったので、最初ラドンとかギャオスを入れておく鳥かごなんだろうかと考えたくらいです。←考えるな。

200907220705000 200907220621000

この作品、中に入ることも可能になっており、結構早朝ウォーキングや犬の散歩中の方達が多く訪れておりました。やっぱ目を引くもんなこれ。

200907220625000 200907220623001 200907220623000

中心部には掘りコタツのように一段低くなってる場所があり、ここを住居と仮定した場合、家族の団欒の中心となるようなレイアウトなんでしょう。窓も多く用意されており大変住み易くお買い得な物件となっております←売ってません。

竹で編んであるので、雨が降っていたりするとちょっと滑る危険性もあるのですが、川面から吹く風も心地よく、ここでお弁当広げて食べたりしたら気持ち良いだろうなと思いました。これから数ヶ月ここで展示されてる訳ですが、夏の間、若い連中が中で花火したり、ここを使ってHしたりということがないように、管理者の方はよく目を光らせておいて頂きたいものです。訪れたら、使用済みのコンドームとコンビニで買った食糧のゴミが散乱してた、なんて洒落にならんですから。

200907220705000_2

うん、でもこーゆーのは私、とても好きです。上手く説明できませんが、しっくり来ます。





4)ジャウマ・プレンサ/信濃川やすらぎ堤(昭和大橋近く)

200907220649000

樹をかかえて座り込む像はアルファベットやキリル文字など様々な文字で覆われています。像が抱える穴はこれから成長するであろう樹のことを考えてかなり大きめに作られているようです。

200907220651001

かなり憂いのある良い表情ですね。

200907220651000

こうやってアンニュイに川を眺めているその背中にとても哀愁を感じます。生活エリアに密着したこーゆーやり方も割と好きです。芸術祭が終わってもずっとこのままここに居てくれると良いのですが。うちの子が大きくなったときに、すっかり樹に飲み込まれるほどの状態になっている姿が見れたらとても嬉しいですね。

| | コメント (0)

水と土の芸術祭2009 探訪 その1

7/18から新潟市内において「水と土の芸術祭2009」と名付けられた広範囲におけるアート作品の展示がスタートしました。ほぼ年内一杯まであちらこちらに常設展示されてますので、無料で見れる場所については散歩の途中や通りがかったときにちょっと覗いてみようかなと。(料金が発生する場所へは多分行きませんw)

個人的には、「芸術作品」とは余程強い作者の意図や何らかのエネルギーが込められていない限り、「箱」に入れて「リボン」を付けないと、人には伝わらない、いわば自己満足な自慰行為だと思っています。他人を巻き込むほどの強烈なリビドーを内包させて初めて「作品」として意味を持つのではないかと。

私の芸術センスがないからなんでしょうが、100年後にはその存在すら忘れ去られているような「作品」にはあまり興味がもてません。「ふ~ん」で終わります。尤も、「芸術家」という存在は自己の創作意欲を満たし、外部に向けて出力する事だけを目的にやっておられると思いますので、他人の評価はあまり要らないのでしょうけど。評価や生活の糧を求めてやられてる方は芸術家ではなく「プロ芸術家」だと思ってます。別段非難するつもりは毛頭ないですけど。

さあ、そんなヒネくれた私があちこち妻や子と一緒に少しずつ見てまわろうかと思います。面白いのあるかなぁ?

1)フェリチャ・ヴァリーニ/山ノ下みなとタワー

200907191623001

外壁に色づけられた色面は、ある一点に立つことでひとつの図像となって現れる、と解説してありますが…。

200907191601002 200907191640000

えーと、何だろ。「ラフォーレ春のグランバザール」という単語がまず浮かんでしまいました。すいません。まあ見ていて面白いとは思いますが、大きな建築物を利用してトリッキーなことをするならもっと凝ったものをやればよかったのに…という気持ちが少々。妻もそれには同意。芸術作品に対して「だから何?」と聞いてはいけないのですが、一発目に見たのがこれだったので、ちょっと安易な気もチラリ。いや、高所作業車を使ってこれを実現させる大変さはよく分かってますが。

ただ巨大な既存物を流用するのは手法としてもよくあることだし(例えば東京タワーを巨大な1枚の布ですっぽり覆ってしまったらかなりシュールな眺めになる)、その巨大さのインパクトが芸術なんでしょうけど、見るものに何らかの強い衝動を起こさせるという点においてはお台場ガンダムの方が遥かに上かなと。あれはある意味、芸術作品だと思ってますから。

F0199565_23223829

このギザギザの中に「これでいいのだ!」という活字が入っていたら、ある意味強烈な作品だったろうなとヒネクレ中年オタクの私は意地悪く思ってしまうのでした。







2)NPO法人にいがた湊あねさま倶楽部+上山寛/入船みなとタワー

200907191659000

えーと、風車と小屋?さきほど巨大な「吹き出し」を眺めてきたばかりなので、ちょっとそのギャップに驚く。にいがた湊あねさま倶楽部って何なんだろ???

200907191701001 200907191701000

風車群の中を駆け回る我が子。

この風車、一部はもう壊れていたり、ねじつけが強過ぎて回らないのが多く混ざったりしてたのですが、それも含めて芸術なのかな、と思ってしまいました。風が吹いて回るのと回らないのを配置することで風の通り道を表現するような。いや、ただ強くねじを締めすぎただけだなあれ。

思ったより写真が多くて長くなりそうなので(2)に続けます。(3)はあるのかね??

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »