« 第44回関屋記念 予想 &結果 | トップページ | ドラゴンアイスを食す »

2009年8月14日 (金)

「超耕21ガッター」私的販売促進計画案(2)

えー、(1)を書いてから既に一ヶ月くらい過ぎてますが…。忙しくてまとまった時間が取れなかったのも一因ですが、ちょっと飽きちゃったのかなという可能性も(笑)やはり露出が少ないと一過性の話題として葬られてしまう可能性がありますね。

でも、先日会った嫁の友人に「続き書いてないじゃん」と指摘されたので、もう少しだけ頑張ってやってみましょうか(笑)だってうちの子、いまシンケンジャーに夢中なんだもん。私も2回ほど見ましたが、数十年振りに見る戦隊シリーズは以外に面白かった。いやいやガッターの話でしたね。


超耕21ガッター販促計画素案 その2

その1では事業の目標を設定してみた訳ですが(というかキャラクタービジネスによる商品の販売・提案を既に企画元は表明してますが)、この事業目標を達成する為にはまず「ガッター」という着ぐるみヒーローの認知を図らなければなりません。細々と小さなイベントにのみ出演していても既存のご当地ヒーロー達の残骸に埋もれてしまうだけで、目新しさもなければ、発展性もありませんから。

素案1では、事業に対してのスポンサード協賛はつけないとしましたが、先駆者である「超神ネイガー」のようにメイン協賛社としてローソンを巻き込み、5分番組を制作すると云うのはメインの認知手法としては大変有効な手段だと思います。何よりもTV媒体で定期的に目に触れるという効果は非常に大きい。これに関してのの営業活動は既にやられていると思いますので、ここでは割愛します。

それではガッターの認知度をUPさせる為のより具体的な内容の検討に入りましょう。

県民に対する認知度UPの手法)

1)イベントプロモーションの訴求

2)多様な媒体への継続露出

認知度UPの手法1について)

ステージショーを基本とする本企画の場合、待ちの営業スタイルではとても事業として成り立つような結果を挙げられる筈がなく、各方面に対するアプローチが重要な要素となるが、ボランティアでない限りその作業に専属の人員を割くことは人件費的にも困難であり、ショーを希望するクライアントの発掘作業が滞ることになる。

この場合、やはり一番効率が良いのは県内の広告代理店、イベント運営会社、TV・ラジオ局の事業部等にきちんと作成した媒体資料を手渡し、営業の依頼をかけることであろうと考えられる。既に固定クライアントとして抱えている顧客に対し、アプローチをかけるのは容易なことであるし、新規顧客に対しての営業活動や自社イベントなどでの使用も検討出来る訳なので、単独で動くよりは遥かに効率が良い。ただし、現在の価格設定(基本6万?)では正直安過ぎるとはいえる。クライアント側としては安価なイベント題材は諸手を挙げて賛成するが、コミッション商売である代理店などでは利益の薄さからそれほど本腰を入れて営業するとは考えられない。また公式サイト上で誰もが出演料をチェック出来る現状では代理店側が安易に粗利を加算することも不可能であり、「旨み」が少ない作業と判断される危険性もある。

そのため、直接交渉の場合とは違う代理店向けの価格の高いパッケージ企画を今後立案していく必要性があると考えられる。中身としては素案1で述べたようなブース設営やサンプリング、会場や公式サイトでの社名掲載は勿論のこと、印刷物や電波媒体におけるキャラクターの一時的な使用権なども考えうるのではないだろうか。

上記のような手法を取らず、あくまで直接営業に拘る場合においても詳細な媒体資料は必要である。簡易なもので構わないが、ターゲットとして考えられる業種に向けて一斉にDM送信し、各個情報の拾い集めを行う。

【対象業種の一例】

・百貨店

・観光地(各観光組合、温泉ホテル等含む)

・JA新潟

・遊園地

・自治体(祭り関連含む)

・幼稚園、保育園、小学校

・新聞社、雑誌社

・イベント施設(新潟ふるさと村等)


認知度UPの手法2について)

とにかくまず露出を増やさないことには始まらないので、検討材料の叩き台としてブレスト風に箇条書きでまとめてみます(というか眠くなってきて頭が回りませんw)

・地元TV局のローカル情報バラエティ番組の1コーナーとしてブッキング

 ※但し1局で行うと、以後他局でガッターをパブリシティとして取り上げなくなる可能性あり。現在考えられるのは「イブニング王国/BSN」「スマイルスタジアム/NST」「夕方ワイド新潟一番/TeNY」「super Jチャンネルにいがた/UX」

・版権商品のサンプルとしてJAを通じ、ガッターブランドの米袋を安価で提供

・他県のご当地ヒーローとのコラボ

・行政の啓発ポスターの素材として提案

・デザイン、映像系専門学校との作品コラボ

・遊園地などでのレギュラー興行

・同人誌即売会(ガタケット)での商品販売、同様の商品のネット販売

・県産品イベントでのパフォーマンス

・アルビレックス試合会場でのパフォーマンス


眠さで限界となりましたので一旦ここで終わって後日(3)に繋げます。おやすみなさい。

|

« 第44回関屋記念 予想 &結果 | トップページ | ドラゴンアイスを食す »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もう見ました、面白いですね

投稿: 新世紀エヴァンゲリオン同人誌 画像 | 2010年10月28日 (木) 18:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第44回関屋記念 予想 &結果 | トップページ | ドラゴンアイスを食す »