« NSTまつりでラーメンやらガッターやら。 | トップページ | 第70回菊花賞 結果(馬連的中) »

2009年10月22日 (木)

韓国製巨大ロボット「テコンV」オブジェ制作について

以前からネットで話題に挙がっており、何だかなぁという気分で眺めていたこの件ですが、建造に取り掛かったらしいという記事が出ており、ちょっとまとめてみます。

091020taekwon1

韓国の仁川で2013年オープン予定のロボットテーマパーク「Robot Land」の目玉作品として全長111mに及ぶ韓国初の自国制作ロボットアニメ「テコンV」の巨大オブジェを設置するらしいのですが、これが色々とネット上で紛糾してます。韓国国内においてもそうらしい。

091020taekwon2_2

まあ、このテコンVを見て貰えば分かるのですが、デザインはマジンガーZ・グレートマジンガーを彷彿とさせる、まあいわゆるパクリロボです。

Photo 314e0115aae430b6_2

Robot_taekwon_v_2_2







韓国国内においても「当時(30年ほど前)の韓国社会では、著作権に対しての概念があまりにも薄く模倣も暗黙的に容認していたのではないだろうか。当時は仕方ないにしても、この期に及んで模倣作品を持ち出す必要はないし、少なくとも誇らしいことではない」といった意見が目立っているようなんですが…。

ちなみにマジンガーZ、グレートマジンガーの画像はこれです↓。言い逃れしようがないほどこれらを真似ているのですが、あくまでも「オリジナル」のデザインで何の影響も受けてないそうです。(腕のカラーリングまで一緒なのがちょっと笑えますが)

A5b01

Toei_mazinger_z_01

ただ今までこの制作側は、他作品の模倣という指摘に対して否定的立場をとり自分達のオリジナルデザイン・オリジナルストーリーだと頑健に主張しているので余計話がややこしくなっているのです。例えば「ガンダム」という商標使用についての韓国の裁判結果を見てもそう。かの国ではガンダムという単語は空想上の巨大ロボット全般を指す言葉であり、なんら権利を侵害していない、という判例まで出てしまっている(その後の展開は不明ですが)。

国内初の自国制作(巨大ロボット)アニメと云うことで、日本で考えれば鉄腕アトムや鉄人28号並の知名度なんだろうし、浸透もしていたんだろうけどパクリで作り上げてしまったいわゆる「黒歴史」の1つ。それを大々的に巨大オブジェ制作として海外にまで情報発信するのは如何なものなんでしょう。

パクリを認めたうえで、オリジナルを尊重し、模倣しましたという観点ならまだにこやかに笑って過ごせますが、これはデザインにおいても日本の作品とは一切関係のない韓国オリジナル作品だと言い切ってますからね。そこが叩かれる由縁なんでしょうかね。

ちなみに敵キャラクターも既存の日本作品からそのまま流用してしまってます。

Biguro はい、これガンダムに登場したMAビグロですね。

Bigro0 これがオリジナルのビグロです。

Agai うーん、アッガイが空を飛んでます。

1 水陸両用のモビルスーツなのに空飛んじゃ駄目だって。

Guhu なんだかスリムなグフもいます。

4543112587565_500 肩のトゲとヒートロッドがそのまんま。

Pairuder これはテコンVに合体する操縦席らしいのですが…。

519pdglpdtl 人、それをホバーパイルダーと呼びます。





まあ、それらを100歩譲って、隣国のことだからまあいいじゃない、としたいんですけどこのオブジェ、作中の設定とは何の関係もないサイズなんですよね。作中では40mらしいのですがこのオブジェは111m。自由の女神より大きいんです。原寸大ではなく倍の大きさにした意味って何?とにかく大きなものを作って誇りたかったのかな。この辺についてもネット住人が色々と面白いからかいをしてますが、それはまた後日。

あ、あと1つ敵メカいたよ。

Ide_3 なんか色々混ざってるみたいだけれど…。

1e1ed9cc これ?ザブングルのアイアン・ギア。

Ide02 胸のあたりはイデオンですなぁ。

|

« NSTまつりでラーメンやらガッターやら。 | トップページ | 第70回菊花賞 結果(馬連的中) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NSTまつりでラーメンやらガッターやら。 | トップページ | 第70回菊花賞 結果(馬連的中) »