« 新・仮面ライダーはOOOと書いてオーズと読むそうで。 | トップページ | ジョーカーと生体コネクタ付けて日焼けしてきました。 »

2010年7月 1日 (木)

石川賢の「極道兵器」が実写映画化?

先ほど気になる記事をちょっと目にしました。

「極道兵器」の実写映画化はマジだった。

はあ?と云うのが最初の印象。なにぶん古い漫画でもあるし、マイナー誌を渡り歩いた未完のイカレた作品。私は大好きなんですけどね。 (過去記事参照)

Yakuza_weapon_mb03

情報によれば、

主演:坂口拓(地獄甲子園/デス・トランス/魁!!男塾/あずみ/パッチギ! 他)

監督:山口雄大(地獄甲子園/魁!!クロマティ高校 他)

アクション監督:下村勇二(地獄甲子園/魁!!クロマティ高校/デス・トランス 他)

といった面子らしく、ある意味カルト、ある意味低予算の匂いが少し漂ってくるのですが、主演の坂口拓は今や国内では珍しい存在となったアクション俳優。デス・トランスは海外でも高く評価された作品です。

ただ、この原作が好きだからあえて言うんだけど、これはかなり予算をかけてリアルな絵で撮った方が絶対に面白いと思う。昔の東映ヤクザ路線を彷彿とさせる空疎で乾いた、そして暴力的な空気感の中でこそ、このストーリーは弾けると思う。

少しでもチープな部分があったらもう興ざめ。役者もセットもCG処理もとにかく金をかけてリアルに、とことんリアルに。実写にすると笑っちゃうような部分まで画面のもつ力で黙らせてしまう様な、そんなパワフルな暴力映画にして欲しい。

原作の絵で云うと、これ。こんな感じのイカれたヤバい空気。

5

思いっきり荒唐無稽な物語故に、少しでも手を抜いたら陳腐なものになってしまう気がします。とてつもない暴力描写をきっちりと見せないと、まずこのサイボーグのヤクザと云う設定だけで笑いを取ってしまう事になりかねません。無論笑いの部分があってもいいんですけど、その中にある種、心が冷えるような暴力の衝動、目を逸らしたくなるような狂気が仄かに漂っていて欲しいんです。

余談ですが、北野武監督の「その男、凶暴につき」を劇場で観た際に大変面白い経験をしたのを思い出します。確か前半だったと思いますが、情報屋らしき男をたけしがトイレで殴って口を割らせようとするシーン。平手で何度も殴るのですが、「知らねーよ」と一向に口を割らない。あまりに何度も何度も延々と殴るので、その状況の滑稽さに場内のあちこちでクスクス笑いが巻き起こり(下手すれば爆笑レベルの人もいました)、笑いの渦が場内を漂っていたのですが、その間もスクリーン上のたけしは延々と殴ることをやめない。

情報屋の頬が赤く大きく腫れあがり、それでもまだ続く平手打ち。そのうち気が付くとあれだけクスクス笑いが起きていた場内が水を打ったように静まりかえっていたんです。そのとき場内に感じた空気は何ともいえないざわついた不安感と違和感。「暴力」の持つ狂気が画面を越えて観客に伝染した瞬間だと思いました。

そんな空気をこの映画にも求めるのは酷な話でしょうか。

4

6_2

ぜひ良い意味で期待を裏切って欲しいなと強く願います。

|

« 新・仮面ライダーはOOOと書いてオーズと読むそうで。 | トップページ | ジョーカーと生体コネクタ付けて日焼けしてきました。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465413/35606958

この記事へのトラックバック一覧です: 石川賢の「極道兵器」が実写映画化?:

« 新・仮面ライダーはOOOと書いてオーズと読むそうで。 | トップページ | ジョーカーと生体コネクタ付けて日焼けしてきました。 »