« 2011年12月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年1月

2012年1月24日 (火)

ゾンビに関する10の考察

何故かここ最近ゾンビ映画にちょっとだけハマッている私です。元々それほど観ている訳でもなく、かつ熱心なホラーマニアでもないんですが、立て続けに未見のジョージ・A・ロメロ作品を中心に観まくってます。今そんな気分なのかも。

1

それで無論グロかったり怖かったりする訳ですが、様々な現代社会の風潮がそのなかで語られていたり、ヒトとは一体何なのだろうとか考えさせられたりして、そんな気分がちょっとだけ心地良いのかもしれません。まあ、観るのは仕事が終わった深夜なので、眠くても興味をもって集中できるホラー・サスペンス系が多いだけではあるんですが。

Zombie_1

しかしジョージ・A・ロメロが「Night of the Living Dead」(1968年)、そして「Dawn of the Dead」(1978年:邦題『ゾンビ』)を公開してから確実に映画・ゲーム等の創作物の世界に「ゾンビもの」と云う一大ジャンルが出来上がってしまうほどの強力な影響力をこの設定は有していた訳です。ロメロがゾンビ界の教祖と呼ばれているのも頷けます。

そして、ふとこの「ゾンビと云う生き物」は何なんだろうな、と考えた訳です。無論生きてはいないからリビング・デッド(動死体)なんですけどね。

ついてはこの10項目を自分なりに吟味してみる事にしました。

1)ゾンビは生者と死者を何で(何処で)見分けているのか?

2)何故ゾンビは共喰いをしないのか?

3)摂取した肉は消化しているのか?

4)消化しているのならば排泄は?

5)何故脳を破壊すると機能が停止するのか?

6)捕食される側にゾンビ化するパターンと跡形も無く喰われてしまうパターンがある理由

7)捕食中に死亡し、かつゾンビ化した場合捕食していたゾンビは「食事」をやめるのか?

8)代謝は行われているのか?(何年生きるのか?)

9)走るゾンビはアリか?

10)そもそも何が原因なのか?

既にこの辺の話はゾンビマニアの間では語り尽くされた話題なのかもしれませんが、幸い私はその辺の情報には疎いので自分なりの考えをまとめてみようかと思います。

※これらはジョージ・A・ロメロ作品におけるゾンビの設定を基本としています。

続きを読む "ゾンビに関する10の考察"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

新年あけましておめでとうございます

謹賀新年っす。

今日は1月14日ともう半月も過ぎておりますが、改めて新年のご挨拶を。

滅多に更新しないブログですが、今後ともよろしく御願い致します。

B8d5682e7ed0ebf91098b1a79001cf02

お正月は弥彦神社に初詣に行きました。と云うか、大晦日から新年にかけて弥彦の温泉宿で過ごしておりましたです。家で過ごさない大晦日ってのも数十年振りだったかも。

201201011013000

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年4月 »