« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年3月

2013年3月15日 (金)

ヤフオクで漫画家の偽の色紙って出回るもんかね。#3

さて、偽物色紙について2回に渡って記事を更新してきましたが、ブログ用に見つけてきた偽物の画像データがまだ沢山ある。せっかくなので、それも見せちゃいましょうと云う流れです。

その前に、前回書いた偽物を掴まされない為の注意事項。

1)とにかく「ごく身近なファンの方に送られた品です」とか「コレクターから譲り受けたものです」などの説明をしてる出品はまず偽物と疑ってかかる。

2)出品者が偽物を作った当人ではないにしても、贋作を何処かから購入して転売、その差益を儲けようとしている人かもしれないと云う可能性を考えてみる。

3)「原作者(漫画家さんの個人名)の直筆サイン色紙です」ときっちり断言してあるのが大前提。「先生の直筆」とかは駄目。名前を挙げずに「先生」と書く場合、ほぼその「先生」は偽物を描いた贋作者の事です。

4)その出品者の過去の出品履歴をチェック。余りにも「稀少な」サイン色紙が「多量に」出品されてるようなら、まず100%インチキです。

5)自分の作品を見る目を鍛える。ネットで画像検索すれば偽物に混ざって本物の色紙もちらほら見る事が出来ます。ご本人の癖やサインのタッチなどをよく掴む。

6)実物だと証明出来るもの、事前に雑誌や新聞に絵柄が掲載されていた場合はその掲載紙、出版社等から送られてきた封筒・案内文、サイン会開催を証明する日時等が入った印刷物、本人が一緒に写った写真などが添付されている出品物を捜す。少なくとも偽物に出会う可能性は激減します。

7)騙されてもOK、それっぽい色紙が部屋にあるだけで満足なんだって人はせっせと二束三文の色紙に数万のお金を払い続けて下さい。止めはしません。個人の好き勝手ですから。

さて偽物を見る前に、プロの筆の流れを幾つか見ておきましょう。美味しいもの食べた後ならジャンクの味もはっきり見えてきますから。(ここに偽物混ざってたらどーしよー笑)

Aoki7777227img320x2401358072207v5a8 

Photo_2

Photo

O0480064010538153552_2

Shimochi1215img600x4501355062484dev

51396b849c234

Iaea_whoimg600x4501362615468pdeqr_2

では、ここからは偽物を淡々とツッコミながら貼っていきます。

続きを読む "ヤフオクで漫画家の偽の色紙って出回るもんかね。#3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

ヤフオクで漫画家の偽の色紙って出回るもんかね。#2

写真点数が多いせいか、その1が思ったよりも長くなった為こちらへと続きます。

http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/wmemfbl

↑その1を公開した段階で既に、例のヤフオク出品リストは削除されてました。本人が取り消したのか、削除されたのかまでは分かりませんが。まあ偽物「と思しき」サイン色紙を高値出品でしたしね。またすぐに別なアカウントで出てくる気もしますけど。一所懸命(小遣い稼ごうと)描いたんだろうし。

それではこのwmemfblと云うアカウントの方が出品していた著名漫画家のサイン色紙(と思しきもの)をまた見ていきましょうか。

Wmemfblimg600x4461362622679fpzt0o34

松本零士さんのメーテルとトチロー。私が見たときには¥25000以上の値が付いてました。今はもうリストから消されてますけど。これも正直、酷い出来。何だろこの「見て描きました」感。タッチがまるで違います。贋作ならもっと贋作らしくしろと。これは単なるパチモンと呼ぶレベル。

続きを読む "ヤフオクで漫画家の偽の色紙って出回るもんかね。#2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

ヤフオクで漫画家の偽の色紙って出回るもんかね。#1

オークションサイトで偽のサイン色紙出品って話は昔からよく聞いてはいたんですが、偽造に手間がかかるイラスト入りの漫画家さんの色紙も近年はあるみたいなんですね。

以下、偽造と思わしき出品物の写真もちらほら挙げていきますが、それらが偽物だと云う証拠を出せ!と言われても出せないって事はまず最初に言っておきますね。あくまで私個人の主観です。ただそれらの作家さん達の作品を多く読み、触れ、場合によっては本物の色紙を頂戴したりのなかで、どう見てもこれは「そうは見えないだろ」って事だけです。

例えばこれね。

Key0623faceimg600x4501362727061yoax

ラムちゃんはともかく、何この響子さん。偽造以前のレベル。根本的に下手でしょ。中学校の漫画クラブか。高橋留美子に失礼。これを高橋留美子のサイン色紙としてしゃあしゃあとオークションに出品する無知と傲慢さ。

もし、本当に作家ご本人が描かれたものならばご免なさいと素直に謝りますが、私にはどう見てもそうは思えなかった、と解釈して戴ければ幸い。まあ確認しようがありませんしね。ああ、ベテランのこの人もたまに絵が崩れるんだ、とか思っとけばいいでしょうか。骨董と一緒で信じて持っている分にはOKですから。騙して売買はともかく。

さて、話の発端はヤフオクのこれを見た事でした。

Photo

http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/wmemfbl

現在出品中のカラー色紙は11点。宮崎駿や高橋留美子、貞元義行などの人気作家は幾つも出品されてますね。

続きを読む "ヤフオクで漫画家の偽の色紙って出回るもんかね。#1"

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

「新潟マンガの家」に行ってみましたが…

新潟県は漫画家を多く輩出している県としても有名だそうです。他には東京・神奈川は無論のこと、北海道や大阪、福岡などもそうですね。それで街おこしでもないんでしょうけど、近年新潟においては行政が漫画の街だと云う事をさかんにアピールし始めております。「マンガ・アニメを活用したまちづくり構想」の一環だそうです。

Bus_inuyasya

水島新司のキャラを模った銅像の並ぶストリートであったり、ドカベンや犬夜叉のイラスト入り公共バスが走ってたり、日本海側最大規模でもある同人誌即売会ガタケットとリンクした新潟アニメ・マンガフェスティバルなんてイベントを実施したり。県の記念館を用いてのコスプレ撮影会なんてのもありますね行政主導で。新潟市内にもアニメ・マンガの専門学校があったりもします。新潟マンガ大賞なんてコンクールなんかも。この中の幾つかは私も公私含め関わったりはしてたんですが。

10

その流れの一環なんでしょうが、新潟市内に市の予算で「新潟マンガの家」と云う情報発信基地が出来たとのニュースは先日新聞等で目にしていました。スポーツ紙などの全国紙でもちらっと紹介されたみたいで。それで、まあ一度は行ってみるかと先日足を運んでみたのですが…。

http://www.manganime-niigata.jp/jyohokan_ie.html

続きを読む "「新潟マンガの家」に行ってみましたが…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »