« 何故ウルトラマン(円谷プロ)は商売に失敗するか | トップページ | ヤフオクで漫画家の偽の色紙って出回るもんかね。#1 »

2013年3月 5日 (火)

「新潟マンガの家」に行ってみましたが…

新潟県は漫画家を多く輩出している県としても有名だそうです。他には東京・神奈川は無論のこと、北海道や大阪、福岡などもそうですね。それで街おこしでもないんでしょうけど、近年新潟においては行政が漫画の街だと云う事をさかんにアピールし始めております。「マンガ・アニメを活用したまちづくり構想」の一環だそうです。

Bus_inuyasya

水島新司のキャラを模った銅像の並ぶストリートであったり、ドカベンや犬夜叉のイラスト入り公共バスが走ってたり、日本海側最大規模でもある同人誌即売会ガタケットとリンクした新潟アニメ・マンガフェスティバルなんてイベントを実施したり。県の記念館を用いてのコスプレ撮影会なんてのもありますね行政主導で。新潟市内にもアニメ・マンガの専門学校があったりもします。新潟マンガ大賞なんてコンクールなんかも。この中の幾つかは私も公私含め関わったりはしてたんですが。

10

その流れの一環なんでしょうが、新潟市内に市の予算で「新潟マンガの家」と云う情報発信基地が出来たとのニュースは先日新聞等で目にしていました。スポーツ紙などの全国紙でもちらっと紹介されたみたいで。それで、まあ一度は行ってみるかと先日足を運んでみたのですが…。

http://www.manganime-niigata.jp/jyohokan_ie.html

ちなみに新潟出身の漫画家は有名処からマイナーまでかなりの数がおります。有名処であれば、赤塚不二夫・水島新司・高橋留美子・魔夜峰央・小畑健・和月伸宏・しげの秀一・聖悠紀・小林まこと・叶精作・柳沢きみお・えんどコイチ・新沢基栄・高野文子・安田弘之・うたたねひろゆき・片山愁・高橋ゆたか・たかもちげん・寺田ヒロオ・近藤ようこ・斉藤富士夫・魚喃キリコ・八神ひろき・山田芳裕・わかつきめぐみ・山本航暉・etc/etc。(敬称略)

覚えてる限りでもざっとこんな感じ。私が忘れてたり知らなかったりする方も含めれば、更にもっともっと増えていきます。確かに対人口比でみれば、他県と較べて圧倒的に漫画家の輩出率は高い。ならばもっともっとそれらを含めて、情報発信していくのがこの行政主導の「新潟マンガの家」なんじゃないかと思っていたのですが…。

201303031155000

こーゆーのが悪いとは言わない。ただこーゆーのしか無い状態で情報発信を謳うのは正直どうなのよと云う気分で一杯です。

201303031158000

上記のような幅広いジャンルの漫画家さん達のキャラ等がこうやって展示してあるならまだ理解もする。でもここにあるのはパタリロと奇面組と抜作先生のフィギュアだけ。

201303031159000

魔夜峰央はまだ分かる。パタリロもまだ一応現役連載中だし。でも新沢基栄もえんどコイチも確かに週刊少年ジャンプで人気連載だった作品を抱え、どちらもアニメ化までされた有名処ではあるが、申し訳ない言い方にはなるけど現在は第一線を外れていると言っても差し支えは無いでしょう。

魔夜さんは現在、新潟マンガ大賞の審査委員長も務めている事から、行政との関わりも深く協力体制を取ったであろう事は想像に難くない。でも何でこの三人の作品だけなの?の問いに対しての返答はこの施設には無い。単に依頼が成功したのがこの三人だけだったから、って展開。

201303031213000

まあ赤塚不二夫関連のものもあります。シェーモニターとか六つ子に見えるマジックミラーとか。参加型の展示物。ちなみにシェーコレクションは来場者がカメラの前でポーズを取っておそ松くん世界に入るって段取り。次々と写真が保存されていく。子供はそこそこ喜びそう。イヤミ知らないと思うけど。

ちなみにビッとしたシェーポーズを発見したらそれ私の可能性高いです。コツは右脚をきちんと水平に上げて身体の軸をずらさない事。まあそれはどーでもよろしい。

201303031157000

今後、この施設に訪れた新潟出身の漫画家さん達がこうやってどんどん壁面に直筆サインを描いていくなら、それはそれで(それだけで)価値があるとは思うけれども、多分そうなる可能性は途轍もなく低い。

何故、人脈・金脈を駆使して、せめてオープンの際に県出身漫画家から祝いの色紙を貰う事が出来なかったか。それがズラリと並ぶだけでこの施設の価値は充分だった。4700万も市の税金を使ってこれはないだろう。もう一箇所万代シティにも同様の施設が出来るが、ここを見る限り、リピーターが訪れる可能性は少ない。

常設展示ではなく、2階の企画展(現在はショムニの安田弘之原画展)を充実させたり、ワークショップでの漫画の描き方講座の方法論を変えたりしない限り、この施設は機能しない。古町・万代の町おこしの一環もあって企画された一面もある筈なんだけど、どうして役所が絡むとこうもつまらないものしか出来ないのか、不思議でならない。そりゃまあ、こちらには伺い知れぬ苦労や障壁があるのかもしれないけれど。

確かに「私は知らないー何も何も知らないー私は知らないー哀しいくらいになーにもー」(10:38)なのかもしれないけどね。でも市の文化振興課だったかな。今違う部署かな。やって終わりじゃなくて、どうやったら当初の目的通り「起爆剤」になるのか、もっと真剣に考えて下さい。人様の金を使ってる訳なんだから。お茶濁して終わりってのが一番嫌なのよ。もっといい施設に変わっていく事を期待しとる。

あとせめて県出身の漫画家さんの代表作くらいは全て展示しておくべきだよね。しがらみもあるとは思うけど。

|

« 何故ウルトラマン(円谷プロ)は商売に失敗するか | トップページ | ヤフオクで漫画家の偽の色紙って出回るもんかね。#1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465413/50048035

この記事へのトラックバック一覧です: 「新潟マンガの家」に行ってみましたが…:

« 何故ウルトラマン(円谷プロ)は商売に失敗するか | トップページ | ヤフオクで漫画家の偽の色紙って出回るもんかね。#1 »