« 佐渡旅行2013【その4】 | トップページ | 仮面ライダー鎧武が面白そうなんですが。 »

2013年10月20日 (日)

アンパンマンよ永遠に~やなせたかしさん追悼~

やなせたかしさんの訃報を先日ネット報道で知る事となりました。思いがけない喪失感を感じている事に自分自身少々驚いています。

Anpanman01s

私自身は絵本もアニメーションもアンパンマンとはまるで接点の無い時代に生まれ育った世代なのですが、自身の子供・周囲の子供がアンパンマンに見せていたその圧倒的な支持ぶりを通して、この作品の影響の大きさは身に染みるほど体感しております。

アンパンマンを嫌う幼児の姿は今のところ見た事がありません。(興味の無い子はいたかもしれませんが)

ウチの子もご多分に洩れず、幼い時分はアンパンマン大好きでした。何せ初めて喋った言葉はパパママではなく「あんぱ!(アンパンマンを指して)」だったのですから。

あの形、あの表情、あの声、あの色合い、あの音楽、どれが子供に受ける理由だったのかは分かりません。複合的なものかもしれませんし、全く別な理由なのかもしれません。ただ、アンパンマンとその世界は多くの子供たちに受け容れられました。それも圧倒的な勢いで。

個人的にはあの丸みを帯びた表情と色使いに幼児は本能的に安心するんじゃないかなって気はしてます。

やなせさんの死後、沢山のエピソードが報道などを通じて流されました。それらを見て感じる事はやはり優しい人だったのだなぁ、サービス精神に溢れた人だったのだなぁと云う思いかもしれません。辛い事も様々経験されてきたからこそ、優しく楽しく生きていきたい、そんな想いを発信していきたいのだと。

晩年、引退を仄めかせている頃に東日本大震災が起こりました。被災地は甚大な被害を被り、多くの方が犠牲となりました。日常から放り出され、大人ですらどうしたら良いのか判断が取れないような状態が被災地ではずっと続いていました。

その時、避難所で暮らす子供たちに向けて少しでも元気を取り戻して貰おうとラジオ局が何度もアンパンマンマーチを流していたと聞きます。そしてそれを食い入る様に聞く子供たちの真剣な様子を聞いて、引退を撤回、体調不良をおして生涯現役を続行する意思を固めたとも。あの時、あの歌にどれだけ多くの子供たちが勇気付けられたのか想像にかたくありません。人を元気にする、人を喜ばせる、それをずっと人生の指針にして来られた方なんだろうなと思います。私も子を持つ親として、この作品を子供に与えてくださった事に大きな感謝の意を表します。

アンパンマンのマーチの作詞はやなせさん自身ですが、この歌詞には戦時中、特攻隊で亡くなった弟さんへの想いも込められていると以前聞いた事があります。それを考えながら聴くと、軽快な音楽の中に込められた命への思いが溢れてくるようで胸が熱くなります。生きろ!頑張れ!の思い。

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び

たとえ胸の傷が痛んでも

何の為に生まれて 何をして生きるのか

答えられないなんて そんなのは嫌だ!

今を生きることで 熱いこころ燃える

だから君は行くんだ微笑んで

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び

たとえ胸の傷が痛んでも

嗚呼アンパンマン優しい君は

行け!皆の夢守る為

何が君の幸せ 何をして喜ぶ

解らないまま終わる そんなのは嫌だ!

忘れないで夢を 零さないで涙

だから君は飛ぶんだ何処までも

そうだ!恐れないでみんなの為に

愛と勇気だけが友達さ

嗚呼アンパンマン優しい君は

行け!皆の夢守る為

時は早く過ぎる 光る星は消える

だから君は行くんだ微笑んで

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び

たとえどんな敵が相手でも

嗚呼アンパンマン優しい君は

行け!皆の夢守る為

Bwqz8elciaaed3ojpg_large_2

やなせ先生、お疲れ様でした。本当にありがとうございました。アンパンマンは時代を超えてこれからもずっと愛され続けます。まだこの世に生まれ落ちていない子供たちにすらさえも。安らかにお眠り下さい。感謝しています。

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び

たとえ胸の傷が痛んでも

|

« 佐渡旅行2013【その4】 | トップページ | 仮面ライダー鎧武が面白そうなんですが。 »

漫画家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンパンマンよ永遠に~やなせたかしさん追悼~:

« 佐渡旅行2013【その4】 | トップページ | 仮面ライダー鎧武が面白そうなんですが。 »