« アンパンマンよ永遠に~やなせたかしさん追悼~ | トップページ | 仮面ライダー鎧武 第43話「バロン 究極の変身!」レビュー(1) »

2013年11月30日 (土)

仮面ライダー鎧武が面白そうなんですが。

1381015399862

何だかとても久し振りに仮面ライダーの記事を書くような気がします。1年半ぶりくらいなのかな。前作のウィザードは殆ど観てなかったから…。

これは単に私が「魔法使いモノ」に妙な抵抗感を感じちゃうから、ってだけの個人的な理由なんですけどね。魔法でも、魔道なりの魔法物理学とか、呪文の詠唱条件とか、その力の根源とか、魔法史とか、呪力のデメリットとかそういったものを物語のなかである程度朧げにでも示していないと只の「何でもアリ」ワールドに陥っちゃって気が削がれるのです。

なのでバスタード!やグイン・サーガなどは大好きなんですが、魔法が前面に出るハリポタやロード・オブ・ザ・リング、「剣と魔法の世界」関連は少し苦手なのであります。あとは息子がそろそろライダー離れを起こしかけてたってのもありますけど。決してウィザードが駄目って事ではありませんのでファンの方はご容赦を。

そんななか始まった仮面ライダー鎧武。

1381014022192

まず突拍子もないギミック設定に目を見張らされました(笑)フルーツと鎧とダンス??ライダー戦国時代??十人中八人(当社推測)が「ふざけんじゃねーよw」と失笑しそうな設定。

ただね、ダブルから観始めた程度の私ですが何となーく分かってるんですよ。最初のインパクトが噴飯モノのデザインだったり設定だったりする仮面ライダーに限って、大抵その後物凄くお話が面白くなる可能性が大きいって事に。

脚本はニトロプラスの虚淵玄さんと云う方。縁が無くて観てないのですが「魔法少女まどか☆マギカ」などの鬱展開で著名な新進気鋭の脚本家の模様(推測)。舐めてかかると、終盤でかなり大きく足をすくわれるような予感もします(いや逆にそれを期待すべきか)

002l

まど☆マギの作品名自体は、全く興味の無い私にすら届いちゃってる状態ですから、かなり強い個性を持った脚本家の方なんだなーとは思ってます。まあこの辺の話はこの記事を読もうなんて酔狂な人は既にご存知のレベルでしょうから割愛。

私が楽しみなのは、そういった個性の(アクの)強い才能が集まって、子供向けの表層を維持し成立させたまま(これ大事)、どれだけドラマを表現できるかって事だけです。

スポンサー商品である玩具への訴求をきっちりとこなし、噴飯モノ(これは大人から見てってだけの話。メインの視聴者である子供達はそんな事すぐに気にも留めなくなる)のギミックを逆手に取った斬れ味鋭い演出、子供向けの枠を決して踏み越えず、それでいてその枠の中一杯に大人ですら惹き込まれそうな哀切な物語を構築できると、それはとても観ていて「楽しい」作品になると思うのです(私はね)

仮面ライダーはその発祥からしてもネガティブなテーマを抱えた作品。純粋な「ヒーロー作品」としても楽しめるけど、人間の持つ昏い部分がそのバックボーンには流れてます。人間への絶望と希望。その昏い部分を表現するに、この脚本家の登用はかなりビンゴなんじゃないのかなと云う気はしてるのです。今のところ物語はまだ基本的には明るく進行し、若干陰のある部分が描写されているに過ぎないですけど。

と云う事で、まだ始まったばかりで今後の展開はまだ不明な鎧武。色々妄想の余地があって楽しいです。(オーズのときもそうだったなー)鎧武の資料やサイトなどは余り見てないんですが(放送もリアルタイムで1回ずつしか観てない…)思いつくまま今後ありそうな展開やら描写などを妄想スケッチしてみましょ。

1)龍玄の下克上と女を巡る鎧武との対立

1382829953171

ブドウアームズの龍玄くん。名は呉島光実(くれしま みつざね)、ミッチーの愛称で呼ばれる高校生ですが、面倒なので龍玄と呼びます(ブドウと呼ぶよりはマシでしょ。と云うかまだキャラの名前を把握しきれてない・苦笑)

えー以後、名前をよく把握してないキャラはフルーツ名で呼ぶ事もあります。

彼は舞台である沢芽市(ザワメシ)<このネーミングもクセ物っぽい※後述>の中核を成す企業「ユグドラシルコーポレーション」の御曹司の一人(なんですかね?役員の息子?)であって、兄である貴虎(メロン斬月)は既にユグドラシルの研究部門リーダーとして勤務しています。メロンは弟を可愛がっているようなんですが、龍玄は兄に対して劣等感とそれを媒介とした反発心をこっそりと持っているようです。

1381620342882

兄弟の相克。カインとアベル(旧約聖書)なのかバルドルとヘズ(北欧神話)なのか分かりませんが、ある時点で龍玄ははっきりと兄に対して決別し、敵対する筈です。それはビートライダーズの縄張り争いなんてレベルの話ではなく、大企業ユグドラシル(或いはそこが目指している何か別なもの)を継ぐものが誰なのかといった展開で。

1384038687524

北欧神話モチーフのネーミングが仄見える鎧武ですが、どっち付かずで在る事無い事吹聴し、バルドルとヘズ兄弟の仲をたぶらかした悪辣な悪戯者ロキ役は、どう考えても錠前ディーラーのシドでしょうなぁ。

そして、龍玄がこっそりと想いを寄せているヒロインの舞ちゃん、彼女は鎧武への想いを秘めている訳ですから普通に進めば龍玄の想いが成就される事は決してありません。兄を倒し、ユグドラシルの実権を握り、力を手にした段階で彼は舞を力づくで手に入れる為、鎧武に牙を剥く存在へと変わるでしょう。それは多分、偽りの力に過ぎない結果になると思いますが…。

1382829999764

なのでこの物語終盤で一番悪辣な存在に変わるのは間違いなく龍玄・呉島光実だと考えています。力に溺れ、欲望に溺れる弱い存在として。そのファクターを乗り越えたときに、初めてこの坊やの新しい道が開けると思いたいのですけどね。

2)ユグドラシルとヘルヘイム

Photo

この沢芽市の中核を成す大企業ユグドラシル・コーポレーション。此処はそもそも何を基盤とした会社なんでしょう。鎧武の姉・晶がOLとして勤めている会社もこのユグドラシルの傘下企業。龍玄の通う私立天樹高等学校(そのものズバリの名前)もこの会社の経営なのかユグドラシルのCIロゴが学内に見えます。

街全体がユグドラシルによって成り立っている企業街の様相。TOYOTAの企業城下町として名高い豊田市みたいなものでしょうか。このユグドラシルが全国展開している企業なのか、沢芽市にのみ根付いている企業なのかは今のところ劇中では明確にされていません。雰囲気としては後者でしょうか。

Yugu

市の中心部には本社ビルである超高層のユグドラシルタワーがそびえ建ち、街の何処からでも仰ぎ見る事ができます。まるで北欧神話にある巨大な世界樹「ユグドラシル」のように。この社名が北欧神話の世界樹から引用されている事はそのCIマークが広葉樹の形状を形取っている事からも明白です。

この世界樹ユグドラシルは神々の没落と共に倒れるとされています。であるならば物語終盤にこのタワーは崩れ落ちる事になるのでしょうか。没落する「神々」が何を指すのかはともかくとして。

ユグドラシルは総合企業体なのかもしれませんが、現段階ではメロン貴虎が研究部門に研究リーダーとして勤務している描写のみが描かれてます。その一環として異空間「ヘルヘイム」におけるロックシードの回収を行っている職員の描写も。営利企業として潤沢な資産を貯えていそうな会社なんですが(逆に営業内容は物語に関係ないのかもしれませんが)、1つの街を支えるほどの企業が一体何を目論んでロックシードの研究や、サンプルデータ(鎧武たち)の収集をやってるんでしょうかね。

世界樹ユグドラシルの根元には不思議な三人の女神ウルト(過去)、ヴェルダンディ(現在)、スクルド(未来)がいる筈ですが、こちら方面はあの女神様たちと被るので使わないかな。

Photo_2

あの女神様↑

そして異空間ヘルヘイム。北欧神話においてはニブルヘイムとも称される霧の国、或いは死の国。キリスト教的に言えば地獄の最下層コキュートスみたいなもんでしょうか。既にネットではヘルヘイムは「死んだ者が赴く魂の国」説が濃厚な様子なんですが、当たらずとも遠からずって感じか。

その説に乗るなら、怪物であるインベス達は死者の魂が形を変えたもの、になります。或いは言い方は変ですが、死者の肉体。魂本体はロックシードに姿を変えているとか。

1382223982555

インベスは錠前の形に変化したロックシードを体内に取り込む事で変化します。樹になっている通常の状態の実を摂取している描写も第1話にはありましたが、生者が(或いは何らかの条件を満たした者が)もぎ取って錠前に変化したロックシードは更に彼らの欲望を刺激するようです。ただ今の処、何かを欠いている為か、錠前を体内に取り入れても更なる強モンスター化を誘うだけの代物になっていますが。

ユグドラシル(又はそこの研究部門)が成そうとしてるのはその辺関連なんじゃないでしょうか。完全に「熟した」ロックシードを与える事によってインベスを元の人間、又は人間以上の何かに変えようと目論んでいるとか。目的は何か?って聞かれても、さあ、としか言えませんけど。

3)オッドアイの少女

1381015436682

ヘルヘイムで鎧武の前に現れた左右の瞳の色が異なる現実存在には見えない少女。その容姿はチーム鎧武の舞ちゃんと瓜二つではありますが、彼女が何の役割を果たすのか今の段階ではあまり読めませんが、女神をイメージした存在なのかもしれません。彼女は鎧武に一線を越える事を警告します。

「気をつけて…。あなたは運命を選ぼうとしている」

「この先に踏み込めばもう二度と後戻りはできない。最後まで戦い続ける事になる。世界を己の色に染め上げるまで」

逃れられぬ運命を指し示し選択を迫る少女。これから物語の中で傷付き、喪失し、やがて成長していく主人公が彩ろうとする「色」はどんな風景を描くのか。

北欧神話には半身が腐敗した死を司る女神ヘル(ヘルヘイムの主)や、永遠の若さを約束する黄金のリンゴを管理している女神イズンなども登場しますが、その辺を重ね合わせているのかもしれません。

ちなみにイズンにはロキに騙されてさらわれるって展開があります。巨人と神々の間で右往左往してイズンを胡桃(くるみ)に変えて結局取り戻すのですが。胡桃かぁ…。そんなロックシードもあったね…。そして思いっきり此処で意味深なリンゴロックシード登場の予感は誰でもすると思うのですよ。思わない方が不思議。いや別にアダムの林檎でも構いませんけどね。黄金の林檎。永遠の若さを約束する林檎。そう考えると前項で触れたユグドラシル・コーポレーションの真の目的はこの黄金の林檎の発生なのかもしれません。人類の永遠の夢・不老不死。

そしてヘルはロキの娘でもある女神。オーディンによって送り込まれた、疾病や老衰で亡くなった者達の魂と悪人の魂を統べる死者の国を支配する役目を持っています。彼女の名前を取ってその死者の国ニブルヘイムはヘル(ヘルヘイム)とも呼ばれています。英語表記のヘル(地獄)の語源にもなっており、また北欧神話の中で唯一、死者を生者に戻す力を持つ女神。

この二人の女神を具現化したって意味で彼女の瞳が二色のオッドアイで表現されている、なんて解釈も出来そうです。何故、舞の顔を持ってるのかについては謎ですけどね。

それよりも、余りにも北欧神話寄りで推測を進めていくと何処かで大きなミスリードに足をすくわれる予感がちょっとしてきました。北欧神話の大きな要素でもある巨人(イミール)を象徴する要素が今の処、1つも無いんですよね。見落としているだけかもしれませんが。もう一回最初からきっちり観直した方がいいのかな。今はまだ断定的ではなくあらゆる可能性を考慮しながら妄想を楽しむ段階のようです。

4)「国盗り」

1381014224776_2

鎧武の設定には「ライダー戦国時代」のコピーからも分かるように戦国時代モチーフが含まれており、戦国武将・群雄割拠など様々なキーワードがそこから想起されます。余談ですが、シンケンジャーの物語を作る上で大きな展開キーワードになった「影武者」も「侍」と云うメインモチーフから想起出来る単語を幾つも拾い出し、そこからふっと湧き出てきた発想だったのだろうなーと思ってます。

そこで今回の鎧武。戦国時代から「国盗り」と云うキーワードを引っ張り出してきました。今はその雛形(前振り)として、屋外でのダンスチームのステージ分捕り合いの模様をインベスゲームと称して扱っています。

ダンスステージの取り合いレベルを物語の根幹に関わる「国盗り」として表現はしないでしょうから、あくまで次の展開に繋げる為のチームごとの対立のイメージ醸成。第1話冒頭ではイメージカットかもしれませんが、各ライダーが各々の陣を張り、インベス達を従え合戦に臨む様子が描かれていました。陣の形状がそれぞれのフルーツになってたのがとてもおかしくて気が利いてましたが。

これから更に物語が展開するとして、彼らは何を取り合う事になるのでしょう。ロックシード?ビートライダーズとしてのランキング?

オッドアイの少女は「最後まで戦い続ける事になる。世界を己の色に染め上げるまで」と警告してました。これは裏を返せば、己以外の色に世界が染められないように戦いに勝つ事によって相手を消す、って事にも繋がります。1話冒頭の各フルーツの陣のカットがイメージなのか、やがて必ず訪れる未来の姿なのかは分かりませんが、各ライダーがそこまで対立し、相手を殲滅せねばならぬと思い込むまでに突き動かされる要素とは一体何なのでしょう。

こればかりは先の展開を待たなければならないのですが、ユグドラシルが望んでいるのは正にその状況なんですよね。世界を己の色に染め上げるほどのパワーを持った者の出現。或いはその者の持つ力そのもの。

それぞれがそれぞれなりの人生を持ち、目指すものが違います。バナナは貧困への憎しみと苛烈な上昇志向。龍玄は兄へのコンプレックスと独立心、メロンは帝王学を目指しているような様子、鎧武は…鎧武はまだそれを探し当てている状態なのかもしれません。まだいかようにも変わる可能性を持った男、だからこそ主人公たりうるのででょうけども。まあグリドンとかは生暖かい目で見守りましょう。

この国盗りと云う要素はこれからかなり大きくなっていく筈です。それが命の奪い合いにまでなるのかどうか、「国」とは何を指し示すものなのか、その辺がこれから楽しみですな。まるで見当違いだったら笑って済ませますが。

5)各ライダーの成長、又は破滅

1385248336202

このブログを書き始めたのはこのドリアンが登場した辺りです。先週スイカロックシードが出てました。CG予算の都合上、今後スイカの出番は余り無いかなとか本編に関係ない事も考えてましたが(オーズのガタキリバ状態)、ドリアンの登場である意味、予定調和的にぬるい抗争を続けてきたダンスチーム達の展開が変わる予感です。ユグドラシル側ですらこの元・仏軍特殊部隊出身のパティシエに戦極ドライバーが渡るとは考えてなかった様子が描写されていました。(ぐっさんも臭いなと思ってたのですが案の定ユグドラシルの人間か)

1382224835983

ここでメロン貴虎の「本物の戦闘のプロにドライバーを使わせるなんて危険すぎる!すぐに回収するべきだ!」の発言がありました。これは何を意味する?額面通りに受け取れば、戦極ドライバーでアーマードライダーに変身し、バトルを繰り広げる者は戦闘のプロでも何でもないごく普通の者が望ましい、リアルな危険を孕む展開をメロン貴虎は望んでいない様にも見えます。又は、一人卓越した戦闘能力を持つ人間が加わる事で均衡が崩れる事を怖れているのか?

ドライバーの開発を行ったらしきプロフェッサー・凌馬が登場しましたが、彼はそこは全く危惧していないようです。単にサンプルデータが増える事を喜んでいる様子が次の台詞に現れていました。

シド「でもプロフェッサー・凌馬も喜んでるぜ?これまでにない貴重なデータが集まってるって」

凌馬からの画像通話「その通りだ。イレギュラーな事態ではあるが、まだプロジェクト全体から見れば許容の範囲内だ。ここはしばらく様子見ではどうかな?貴虎」

1381620198121

1384038546564

1384038641157

戦闘のプロが混ざる事はとりあえずイレギュラーな様子。ここでふと思ったのです。ひょっとして本来ドライバーを使用する人間は「完成されていない」者でなければならないのではないかと。言い方を変えれば「未熟」である事が必要条件。ドリアンは戦闘者としてもケーキ職人としても熟練の男でした。未熟は「未熟」であるが故にやがてそれは成長し色を付け「完熟」へと向かいます。フルーツモチーフから考えてもこの「実が熟す」ってのは何か意味がある気もするのです。果物は熟し、やがて種を生み出しますからね。ユグドラシルが企てているのはその辺も関連あるのかもしれません。

1385249100898

そこで考えていくと、反証データとしての意味しかないドリアンはサンプルデータ取得後は用済みと云う事で真っ先に「消去」されてしまう気がするのです。それが単なるドライバーの没収レベルの話なのか、存在の抹消なのかは分かりませんが、少なくとも現在見えているユグドラシルメンバーの中で、メロン貴虎以外の者は他者がどうなろうとそれほど気にも留めないキャラクターに見えるよう描かれています。

児童誌は下手するとネットよりも先の展開情報が早いのですが、既にこれから登場するであろう新規ライダー達がシルエットとして紹介されています。

Ndnxfho

どんどん増えていくライダー(或いは新フォーム)が全て今後のストーリーに強く関わっていくとは思えません。(逆にそれが出来るようなら極めて楽しみではあります)となれば、登場していくライダーは戦国時代の様に、弱い者は淘汰され、強い者のみが残るのでしょう。第1話冒頭の合戦イメージにおいて、バロンの軍にはインベスの他に龍玄やグリドンの姿もあったようです。ある者は負けて消え、ある者は強者に追随し、そしてまた裏切る。戦国時代さながらの人間模様がこれから描かれるのだとしたら楽しみです正直。

ちなみに右上にいるのは桃ですよね多分。女性型?胸と尻が桃の意匠だと嬉しいですなぁ個人的に。「私、参上!」とか言うかなぁ(言わない)

最終的に「武将」として残るのは数名のライダー。「天下統一」を果たすのは誰なのか。そしてここでの「天下」とは何を指し示すべきなのか。

6)財団Xは登場しますか?

ダブルにおいて語られ、オーズの世界観においても少しだけ繋がりが描かれていた謎の投資組織・財団X。ダブル以降のライダーはいわば「ご当地ライダー」として舞台となる街を中心に守る存在。そしてそれぞれに存在する結社や研究機関などに資金提供し、研究結果或いはそれによって起こり得る事象をバックアップする謎の組織として一端のみが描かれてきました。仕切り直したダブル以降は全てにおいてこのバックボーンが活きるとばかり思っていたら、フォーゼにおいては確か触れられもせず。ウィザードはほぼ未視聴なので不明。

ユグドラシルの研究機関なんて思いっきりこの財団Xの援助を受けていても良さそうな雰囲気ですが、この流れなら今回も出てこないでしょうかね。表立っての登場じゃなくても、財団の存在を臭わせるような台詞が一回あるだけでも個人的には嬉しいのですが。ダブル以降を総括する際に、財団Xと云う真の敵の姿が浮かび上がってくるからね。

7)ロックシードとは?

1381619789638

ロックシードはヘルヘイムの森で手に入る錠前状の果実。もぎ取った段階で各々のロックシードに姿を変えます。この変化の違いが本来持っている実そのものの性向なのか、もぎ取る者の影響によるのかは不明ですが、錠前化したものはA級B級などランク付けされます。

ここで改めて考えてみましょう。ロックシードは錠前の形状を模しています。インベスゲームの際には開錠して召還していますが、本来錠前を開けるには「鍵」が必要ですよね。暗証番号でもいい。ところが劇中で誰もこの「鍵を開ける」と云う行為の不自然さには気付いていない。戦極ドライバーが鍵の役割をして真の力を引き出しているって解釈も可能ですが、あれは開錠ではなく錠前そのものを開いているだけで、閉じられた「鍵」を開けている訳ではない。

ロックシードを本当の意味で開錠したときに、何が起こるのか、何が真の鍵だったのか、そんな物語が展開しても面白いのかな、なんて。

まあシリアスに考えればダブル以降、商売的に成功した蒐集系サブ玩具の延長でしかない訳ですが、そんな大人の事情すら上手く物語に組み込んで欲しいとすら思うのですよ。

この錠前を真に開く事が出来る者をユグドラシルが作り出そうとしてる、なんてのは無いですかねぇ。北欧神話モチーフで考えれば、錠前の真の力が開いた段階で「新しい世界」を作る巨人(イミール)へと変化する、なんて妄想も結構楽しいのですよ。イミールは神々に殺され、その流れた血から海や川が、肉から土が、毛から木が、頭蓋骨から天が、脳から雲が、睫毛からミッドガルドを囲う柵などに変化し、巨人の肉体は余す事なく新しい世界の文字通り血肉となりました。新しい世界を作り上げる為の「贄」をユグドラシルは捜しているのではないでしょうか。

思いつくまま戯言を書き綴りました。まだどうなるか分からないんですが、個人的には久し振りに楽しみに観れるライダーかなと云う気はしてます。なんせリアルタイムで起きてわざわざ観てますもん。子供まだ寝てるのに。

今後の展開を楽しみにしながら、また思いついたまま鎧武に関してダラダラと書いていく事もありそうです。

|

« アンパンマンよ永遠に~やなせたかしさん追悼~ | トップページ | 仮面ライダー鎧武 第43話「バロン 究極の変身!」レビュー(1) »

仮面ライダー鎧武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465413/53981493

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダー鎧武が面白そうなんですが。:

« アンパンマンよ永遠に~やなせたかしさん追悼~ | トップページ | 仮面ライダー鎧武 第43話「バロン 究極の変身!」レビュー(1) »