« 仮面ライダー鎧武 最終話「変身!そして未来へ」レビュー (2) | トップページ | 鎧武備忘録【その2】 »

2014年10月24日 (金)

鎧武備忘録【その1】

自分のレビュー手法だと、ストーリーや台詞回しに沿って随時、感想や思惑を述べていく書き方なので、極めて情緒的なものとストーリー進行が主体になってしまいます。しかも初期の設定などは結構な頻度で忘却の彼方に置き去られている為、伏線に気が付かない事も多い。

2013100601

それ以前に寝惚けマナコで観てるので右から左に抜けている事が殆どでもあるのだが。(寝惚けマナコじゃ無い時も同様に抜けている事実はここでは鑑みないものとする)

脚本家や監督、プロデューサーへのインタビュー記事が掲載されている雑誌やネット記事もまず見ないので、更に主観的な立ち位置からしか膨らませられない。まあ、それはそれとしてアリかなと云う安易な妥協で単に自分が楽しむ事をメインに綴るのが自分のレビューのやり方かなとは思ってます。あと、読み返した時に、ちゃんとお話を「観た」気になる構成。

なので分析などは苦手な私なのですが、それを差っ引いても鎧武にはまだ「語りたい」部分が残っている予感が致しますので、また少々ダラダラと書き綴ってみようかなと。

------------------------------------------------------

しかし、頭からお尻まで、俯瞰的に眺めて全体を総合的に解釈するスペックが欲しいと思う今日この頃です。元々、ブログやソーシャルやり始めたのも、文章力が自分で実感出来るほど劣化してしまい、そのリハビリも兼ねているのですから。(或いは文章力が元々無いって事実にやっと気付く段階に辿り着いたか)

のんびりと暇を見つけてはコツコツ書いてますので、もうドゥラァイヴ!始まって結構経っちゃいましたね…。それでは、お目汚しですが暇つぶしにでもどーぞ。

Got it, Move
------------------------------------------------------

さて、無事完結した仮面ライダー鎧武。まあMOVIE大戦などの劇場版がまだ残っていますし、場合によっちゃ何らかのスピンオフがVシネマ辺りで勃発するとも限らない。ただTV本編以外は、謂わば【外伝や異聞】に近い構成ですから、鎧武を振り返るうえで特にそこに拘る必要は無い。あくまで本編のみを題材に、書き漏らしてたあれやこれやなどを思いつくままに補足していきたいと思います。

88ab76a4s

湘南之風(鎧武之風)が歌うOP「JUST LIVE MORE」はとても格好よく気持ちの良い旋律で毎回楽しみに聴いてましたが、この映像には幾つか思わせ振りな仕掛けは施されていました。本編の撮影が始まった頃、或いは始まる前に撮られたものだと思いますので、物語の基本コンセプトを捉えたうえで作成されたと推測してます。

2013100604

ここで気になるのは鏡面に映ったもう1つの姿ではなく、「遮るもの」「隔てるもの」として登場するフェンス。このフェンスにはロックシードが幾つもぶら下がる事で「施錠」をイメージさせています。「境界線」の象徴。それも只の境界線ではなく、鍵を開けない限り、その向こう側へ渡る事が出来ない境界線。

OPでは順に、

1、フェンスの向こう側にいるアーマードライダー達(鎧武・バロン・龍玄・斬月)

2、走り寄る紘汰の前で閉められるフェンスと、その向こう側でオレンジロックシードを持ち厳しい顔で前を見据えるもう一人の紘汰(最初の紘汰は叫びながらフェンスごと消滅)

3、貴虎の元に駆け寄ろうとする光実の前で閉まるフェンス

4、銃撃によりフェンスを壊しこちら側へと侵入する龍玄

5、生い茂るヘルヘイムの植物に侵食されたフェンスから顔だけ見せ大声で叫ぶ紘汰

と5カットにおいてこのフェンスが登場しています。

初期段階で何処まで脚本と物語の結末が完成していたのか知る由も無いのですが、放送が終了した現在、これはそれぞれ本編内の事象を予め示唆していたんじゃないかなってくらいには見当が付きました。

1、フェンスの向こう側にいるアーマードライダー達(鎧武・バロン・龍玄・斬月)

Gpoprokggpoppsfd

これは単純に物語のメインに関わってくるライダー達のイメージ切り取りではあるのですが、正面を向いて腰を落とし身構える鎧武、その後ろに斜めに立ち様子を覗うバロン、同じく斜めを向きながらも銃口が鎧武に向いていく龍玄、そして独り全く違う方向を見据えている斬月。ちょっと意味深。

この四人は共闘と敵対を物語内で演じていくのですが、特に龍玄と斬月においてはそのキャラクター性がここで顕著に見えている気がします。そして彼ら以外にもアーマードライダーは多数登場しましたが、物語を作り上げる根幹にいる者達と仕切る為に境界線は引かれていたのかもしれません。まあ、1話から全部のライダー見せる訳にもいかないし。

2、走り寄る紘汰の前で閉められるフェンスと、その向こう側でオレンジロックシードを持ち厳しい顔で前を見据えるもう一人の紘汰(最初の紘汰は叫びながらフェンスごと消滅)

Snaononooonono

走り寄る紘汰はこの物語と出逢う前の、何処にでもいる優柔不断だけど心優しい、日々アルバイト探しに奔走する普通の青年。オレンジロックシード(と戦極ドライバー)を手にした事で彼の人生は大きく変貌し、最終的に知恵の身(黄金の果実)を口にし、神に近い能力をもった別の生き物として、彼はこの地球からも姿を消します。

在り得る筈だったごく当たり前の日常世界はその瞬間から、塵の様に細かく砕けて散っていった訳です。フェンスの向こう側にいる紘汰は「おい!おい!」と叫び呼び止めている様にも見えますが、険しい顔をした手前の紘汰はそれを一顧だにせず歩き出します。迷いと当惑と決断の象徴。そしてもう日常の世界には決して戻る事がないと云う示唆が順当でしょう。

3、貴虎の元に駆け寄ろうとする光実の前で閉まるフェンス

2013100606

これはもう単純に兄弟間の相克の暗示でいいんじゃないかと。兄に歩み寄ろうとする弟とそれを隔てようとする(意味があっての隔てなんですが)兄。このカットの直前にはブドウロックシードを手に取る光実の腕がインサートされています。識域下ではそれを手にする事で貴虎の世界、いや貴虎に近付きたかった光実と、汚れ仕事である自分の世界に近づけたくなかった兄の想いのボタンのかけ違い。

4、銃撃によりフェンスを壊しこちら側へと侵入する龍玄

Bvgq7wcmaaz8il

これは3に連動してますが、フェンスで隔てられていた結界を龍玄の姿で破壊して無理矢理に境界線を越えていく描写です。これがこちら側への侵入なのか、あちら側への離脱なのかはともかくとして、アーマードライダーの力を得る事で、光実は「境界線」を壊す事にその力を使ってしまうと云う暗示。結果としてはそのどちらにも使った訳なんですが。

境界線を壊して侵入するって事は何かを踏み越えるって事であって、「僕は兄さんの影でしかない」って鬱屈とも関連してるんだろーなとか。

5、生い茂るヘルヘイムの植物に侵食されたフェンスから顔だけ見せ大声で叫ぶ紘汰

2013100614

フェンスにしがみ付き大声で叫んでいる紘汰の顔の周囲だけを残して一気に生い茂るヘルヘイムの植物。フェンスは境界線だって事を考えると、ヘルヘイムによるオーバーロード化によって人間(の世界)とは隔絶された存在になるけれど、意識だけは人間のままだ、だがまだそれを完全には受け容れる素養が出来ていない、って事かしら。

植物に覆われても、顔(自我)までは失わないって意味だったのかもしれません。ただ、紘汰はあそこで何を叫んでいたんでしょうね。慟哭なのか恐怖なのか、憤怒なのか、はたまた抵抗なのか絶望なのか。ただ最終的に彼は「それ」を受け容れたってのは本編から見える事実です。であるなら、あの叫びは人間でなくなる事への残された悔恨の様なものだったのではないでしょうか。

見ぬ振りかもぎ取るか禁断の果実
------------------------------------------------------

あと、ブログには書き漏らしたり、後から余所様の意見を見てなるほど!と思えたようなものが幾つかありましたので、それらも断片的にまとめておきます。

●オルタナティブ舞が時間軸を辿り過去の紘汰・戒斗・光実を説得しようとしていた描写。「時間の強制修正力」によって過去に発していた筈の言葉を変更する事はまず難しいとサガラが論じていたように、「舞が今、伝えたい言葉」と、実際に過去次元において話されていた「既成事実」は反発し合って、中途半端な(却って誤解を招く)警告めいた台詞にしか変更出来ませんでした。

2013100610

これを表現しようとしたのか、オルタナティブ舞として過去に登場した時の様子は、よく見ると確かに音声と舞役の役者さんの口元が微妙にズレている。全て確認した訳ではないので断言は出来ないのですが、過去世界と云う固定力に必死に抗う、現在の舞の精神を表現してたんでしょうかね。だとしたらとても密やかな伏線。

●最終的にゲネシスドライバーを使っていたアーマードライダーは一人もいなくなりました。ゲネシスが「搾り取る」ギミック、戦極ドライバーは「切り開く」ギミック。穿った見方をすると「搾取する」システム(大人)は滅び、未来を「切り拓く」側(子供)が残ったとも見えます。

2013100613

まあ、これは単にフルーツモチーフから想起されるギミックなので、そこまで制作者側が考慮していた対比なのかどうかは不確実ですが。

●ロックシード=脱法ハーブ説があって、これは成る程と思えた。法律で裁けないアイテムだが、禁断症状で死んだ者(初瀬ちゃん)がいて、大人の力により更生した者(城之内)がいて、道を間違えても大人に許された者(光実)がいて、やり過ぎた者(紘汰・戒斗)は人間でなくなる。これに対して、子供らを食い物にしていた売人(シド)やそれを作り出していた研究者(凌馬)は惨めに死んでいくって話。

2013100609

初期のインベスゲームにしてもポケモンバトルではあるんだけど、治安の観点からは決して真っ当なものではないアンダーグラウンドな産物。社会に対しての鬱屈や抵抗感の表現でもあったなら、尚更納得のいく話。ダンスチーム設定も当初はカラーギャングを考えていたらしいって話も聞こえてましたし。

●紘汰にオーバーロード化の兆候が見えてきた時は服装が革ジャンに変わり、光実が白ブレザーから黒のスーツになって黒ミッチを表したり、服装の変化で心情の変化を表現している感のあった鎧武。ならば、戒斗がずっと同じ服装だったのは、彼の信条が最初から最後まで一切ブレてないって事の表現だったのかもしれません。

2013100611

そしてプロフェッサー凌馬がユグドラシル離脱後から半ズボン愛用だったってのは、彼の内面、その知性や教養や才能とは両立していない、極めて幼稚で子供じみた精神性が既に隠す必要がなくなり出てきたって考えると納得はするね。

●龍玄・黄泉が使用したプレロックシード:ヨモツヘグリ。凌馬に云わせれば、原種に近いロックシード。先のレビューでも書きましたが、黄泉戸契(或いは黄泉竈食ひ)は死者の国の火で煮炊きした食べ物を指し、それを食すと二度と現世には戻れないと云う神話上のアイテムの名前です。

ここから素直に考えれば、ヘルヘイムの森の果実=変身に使用されるロックシード=黄泉の国の食べ物、って推論は出てきますよね。まだ物語序盤の頃、ヘルヘイムとは何ぞや?の意見が乱れ飛び、北欧神話に登場する死者の国の名前がそれだから、ヘルヘイムとは死んだ人間の魂が辿り着く場所なんじゃないかって説がかなり有力視されてました。「聖戦士ダンバイン」で云う処のバイストン・ウェル。魂の安らぐ場所(安らいでないけど)。

2013100612_3

天国でも地獄でもない、死者の魂が集う世界。そして新たに生まれ変わりを待つ場所。もしそう仮定するなら、ある程度の納得は出来るんですよね。死んだ者の魂はヘルヘイムに行き、インベスへと生まれ変わる。インベスは主な食料としてヘルヘイムの果実のみを食べる、そしてそこで死ねばまたその魂は現世へと生まれ変わるって。

平穏な死者の世界を覆したのはヘルヘイムの果実をロックシードと云うアイテムに変えてしまう現実世界の科学技術。これはバイストン・ウェルにオーラマシンと云うシステムを持ち込み、戦火を徒に拡大させ、現実世界にまで影響を及ぼしたダンバインのお話とちょっと似ているのかなとも思います。

お前だけに聞いてるんだ壊すのか守るのか
------------------------------------------------------

鎧武は「大人」になる事を描く話だったと云う解釈。しかし、それは「成長譚」なんて綺麗にまとめられる話ではなく、ある種の厳しい「通過儀礼」を描くお話だったようにも見えます。或いは、そこを経て「何処へ」向かおうとするのかを描くお話。

2013100603_2

大人になる事=心身の成長だけではない。「子供の世界」を飛び出し、「大人の世界」、言い換えれば「現実世界」の構造に気付き、そこへどのような形でかは問わず、飛び込んでいく工程を「大人になる」と表現するやり方に、この鎧武の物語はひどく近しく思えるのです。

劇中の台詞でいえばこれに該当します。

「何かを成し遂げられる力が欲しいと…そうすれば大人になれると…オレたちの誰もが願っていた。でも、大人ってのはなろうと思ってなるものじゃない。ただ、子供でいられなくなるだけの事だったんだ…」

大人になるのではなく、子供でいられなくなる事。或いはその状況に追い込まれる事。

「大人になる=世界の構造に気付く」であるとすると、子供の頃に理不尽な手で家族を含めた自分の世界を壊されてしまった戒斗は、その時点で大人にならざるを得なかった。但し、それはそこで固定されたままそれ以上の一切の成長を拒否していたようにも思えましたが。

光実は、この物語の途中で大人の世界の真実(ヘルヘイムの脅威と滅亡までのタイムリミットと限られた対処法)を知り、一足先に強制的に大人にならざるを得なかった。だが、それは強制であったが故に歪みをも派生させる結果にも繋がった。

そしてこの物語の主人公でもある紘汰。彼は本来ごく普通の青年でしかなかった。日々アルバイトに明け暮れ、自分の目指すものをまだ実感として捉える事も出来ず、無為に過ごす日々の多かった、ただ優しくて真面目なだけの青年。

彼は物語に巻き込まれていくだけであって、自分から物語を樹立させようとした事はありませんでした。とにかく目の前の人や自分の仲間達を守りたい、って動機で動いているだけに過ぎず、それは一種物分りの悪さと云うか、察しの悪いキャラとして存在していたようにも見えます。だから、観ていて何となく軽くイラッとする人は当初多かったのかもしれません。彼はただ目の前の事象への怒りでしか動いてなかったから。

しかし彼はいちいち障害へ全力でぶつかっていき、成功・不成功を問わずそれを繰り返す事で段々と自我の輪郭がハッキリとして「キャラ」が濃くなっていきました。

2013100605

「他人の為だけに戦うお前に自分自身が思い描く未来はあるのか?」と戒斗から疑問を突き付けられた時点では、紘汰にはきちんと言い返せるほどの自分を含めた未来像は無かった。彼は常に受身であったから。ただ受身であったとしても、彼はそれら全てを呑み込んでいく事で次第に大きくなっていったような気もする。受容する器を大きくしていったのが紘汰にとっての成長、大人になる事だったのかもしれません。

外見すらオーバーロードと云う化物に変わり果てた時、幾ら自分は人間だ、味方なんだと叫んでるつもりでも(実際それは人語として伝わってなかったのだが)、信じても貰えず、差し出したその手は意図せずに仲間を傷つけてすらしまう。

溢れるほどの巨大な力を手にした者の立ち位置ってのは案外そんなもの。世界の破壊者となるか、逸脱者となるか、どちらにせよ、人の世には留まれないのだが、それすら紘汰は己の裡に呑み込んだ。彼にとっての「大人になる」ってのは、全てを受容しながらも、実はそれらを本当の意味では乗り越えていない処。いや乗り越える必要を失くす為に全て受け止めるとでも云うか。だから彼は「神」に成らざるを得なかった。

でも、そのことに絶望するか、しないかは結局その人次第なんだよね。紘汰は絶望しなかった。受け容れながら「これが俺の新しいステージだ」と強く言い切る力を見せた。受容し更に前へ進む、それが紘汰にとって、或いは視聴者に対しての制作者側からの「大人になる」事の見せ方だったのかもしれませんね。

私?私は大人になるって事は「責任を取る」って事だと思ってます。あと、「次へ繋げる事」。この二点は譲れません。

Don't Say No JUST LIVE MORE!
------------------------------------------------------

群像劇でもあった鎧武、各アーマードライダーのキャラクターについても思いつくままに書いてみる。繰り返しになっちゃう部分はあるのだろうけど、まあそこは穏便に。

とは言いながらも、これを書き上げるまで貯めとくといつUP出来るのかすら怪しいので、一旦ここで切り上げて続きはその2の方に回しときます。(安全策)大人になるって事は色々と忙しいんだッ!(したり顔)

年内には必ず上がるとは思うのですが、まあ自分が楽しむ為に空き時間でコツコツ書いてる大した事の無いレベルですのでご容赦を。え?別に読みたくもない?そいつぁごあいさつですな。

|

« 仮面ライダー鎧武 最終話「変身!そして未来へ」レビュー (2) | トップページ | 鎧武備忘録【その2】 »

仮面ライダー鎧武」カテゴリの記事

コメント

こちらこそお久し振りでございます。
こんな益体も無いブログをお褒め頂いて恐縮ではありながら、こうやって反応を書いて頂けるとやっぱ嬉しいもんです。

29話や36話って、ざっと紐解いてみたら貴虎兄さんの回ですね。しかも両方ともその翌週がキカイダーやサッカー編になっちゃってモヤモヤ感が残る回(笑)

書き始めるとその熱量で一気に続くんですけど、過去レビューだと難しいのかなぁ。結末まで全部分かった上で書く事になっちゃいますし。それ以前に多分鎧武の過去回の録画は妻に消されちゃってる気がします(笑)常にレコーダーの容量が足りない!ってボヤいてる人なので。レンタル待ち?

とりあえず備忘録はコツコツと書いてますので(書かないとそろそろ詳細を忘れ始める危険性)気長にお待ち頂いて、またお寄り下さい。楽しみながら頑張ります。

投稿: イシュト | 2014年10月31日 (金) 16:19

お久しぶりでございます!
以前、オーズとフォーゼの素晴らしいレビューを拝見し、イシュト様のご意見に目から鱗が落ちまくり感動しまくりました。
鎧武にはまり、久しぶりにこちらにたどり着いたらイシュト様がまた素晴らしいレビューを書いていて下さって、嬉しさの余りまたコメントしています!
最初のレビューからしてすでに物語の行方を予知されていて(しかもそれが結構当たっていて)イシュト様の慧眼には驚くばかりです。
この備忘録の続きも楽しみにしていますので、どんどん書いて下さいね!(と、プレッシャーをかける^^; )
あと、個人的には貴虎推しなので29話や36話あたりもレビューして頂けると嬉しかったりします…!

なにはともあれ、またお邪魔しますので。お忙しいとは思いますががんばって下さい!

投稿: 亜留 | 2014年10月30日 (木) 17:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465413/57604666

この記事へのトラックバック一覧です: 鎧武備忘録【その1】:

« 仮面ライダー鎧武 最終話「変身!そして未来へ」レビュー (2) | トップページ | 鎧武備忘録【その2】 »