映画

2015年10月29日 (木)

映画 「Zアイランド」 感想

Zアイランドについての感想を書くべきだと思った。

今書かなければならない。

書いた方がいい。記憶が薄まる前にだ。

13

正直、品川の映画は観た事がないのです。

(呼び方に関してはここでは親しみを込めすべて呼び捨てにさせて頂きます)

監督業に進出している事や、ドロップなどの漫画原作を手掛けヒットを飛ばしている事くらいは聞こえていましたが、元々品川庄司のファンと云う事もなく、特に食指が伸びる事も無かったのです。

今回、観てみようと思った理由は実は以下の3点でした。

1) 地元(新潟市内)でロケをやっていた事

 

2) 私の好きなゾンビものジャンルらしい事

 

3) 品川監督、キム兄、大悟、川島の4人がロケの合間に店に食べにきてくれた事(うちラーメン屋やってます)

地元ロケ云々だけなら多分観なかった。シンケンジャー殿主演の「万能鑑定士Q」も、宇宙キタ――(゚∀゚)――!!主演の「ストロボエッジ」も、みな家から徒歩エリアのお馴染みの場所でロケやってましたけど、映画観てないしね。

Yjimagecn0u5ca0_2

せっかくわざわざ調べて食べにきて頂いた感謝と、この人はゾンビをどう料理するんだろうと云う興味、この2つが大きかった。それでもなかなか劇場に足を運ぶ機会が取れず、最終的にはDVDレンタルでの視聴と相成りました。そこは陳謝。

さて、この映画。何だか楽しいし、妙に惹き込まれるのである。ストーリーや設定・演出の粗や粗相が掃いて捨てるほどあって、映画の構造として正直どーなんだって部分もあるのにだ。

※以下はストーリーばれも含みますので、真っ新な状態で観たい方はここで終わって下さいませ。

続きを読む "映画 「Zアイランド」 感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

ゾンビに関する10の考察

何故かここ最近ゾンビ映画にちょっとだけハマッている私です。元々それほど観ている訳でもなく、かつ熱心なホラーマニアでもないんですが、立て続けに未見のジョージ・A・ロメロ作品を中心に観まくってます。今そんな気分なのかも。

1

それで無論グロかったり怖かったりする訳ですが、様々な現代社会の風潮がそのなかで語られていたり、ヒトとは一体何なのだろうとか考えさせられたりして、そんな気分がちょっとだけ心地良いのかもしれません。まあ、観るのは仕事が終わった深夜なので、眠くても興味をもって集中できるホラー・サスペンス系が多いだけではあるんですが。

Zombie_1

しかしジョージ・A・ロメロが「Night of the Living Dead」(1968年)、そして「Dawn of the Dead」(1978年:邦題『ゾンビ』)を公開してから確実に映画・ゲーム等の創作物の世界に「ゾンビもの」と云う一大ジャンルが出来上がってしまうほどの強力な影響力をこの設定は有していた訳です。ロメロがゾンビ界の教祖と呼ばれているのも頷けます。

そして、ふとこの「ゾンビと云う生き物」は何なんだろうな、と考えた訳です。無論生きてはいないからリビング・デッド(動死体)なんですけどね。

ついてはこの10項目を自分なりに吟味してみる事にしました。

1)ゾンビは生者と死者を何で(何処で)見分けているのか?

2)何故ゾンビは共喰いをしないのか?

3)摂取した肉は消化しているのか?

4)消化しているのならば排泄は?

5)何故脳を破壊すると機能が停止するのか?

6)捕食される側にゾンビ化するパターンと跡形も無く喰われてしまうパターンがある理由

7)捕食中に死亡し、かつゾンビ化した場合捕食していたゾンビは「食事」をやめるのか?

8)代謝は行われているのか?(何年生きるのか?)

9)走るゾンビはアリか?

10)そもそも何が原因なのか?

既にこの辺の話はゾンビマニアの間では語り尽くされた話題なのかもしれませんが、幸い私はその辺の情報には疎いので自分なりの考えをまとめてみようかと思います。

※これらはジョージ・A・ロメロ作品におけるゾンビの設定を基本としています。

続きを読む "ゾンビに関する10の考察"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

ヤマト実写版まであと何日?

キムタク主演でヤマトが実写映画化されると云う報を聞いてからどれくらいの時間が経ったのでしょう。

正直なるほどね~、コケなきゃいいけど的な印象しか無かったのですが(あと沢尻エリカが降ろされたりとか)、まあそこそこの出来であればいいんじゃないのと思いつつすっかり忘れていたら、先日偶然動画サイトで見かけた予告篇が結構良い出来だったのでムクリと興味が湧いた訳です。

土中から瓦礫や土煙を上げながら浮上していくCGに思わずゾワッとしたのは事実。あの頃熱心に観ていたヤマトへの思いが同じように浮かび上がってきたのも事実。

続きを読む "ヤマト実写版まであと何日?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

石川賢の「極道兵器」が実写映画化?

先ほど気になる記事をちょっと目にしました。

「極道兵器」の実写映画化はマジだった。

はあ?と云うのが最初の印象。なにぶん古い漫画でもあるし、マイナー誌を渡り歩いた未完のイカレた作品。私は大好きなんですけどね。 (過去記事参照)

Yakuza_weapon_mb03

続きを読む "石川賢の「極道兵器」が実写映画化?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

あしたのジョーが実写映画化??

http://www.cyzo.com/2010/02/post_3895.html

なんでもNEWSの山下クンが主演で「あしたのジョー」を実写映画化するらしいのです。3月にクランクインで5月に撮影アップらしいのですが…。

ファンの方々には悪いんですけど、名作を「アイドル映画」にしないで欲しいとまず一番最初に思ってしまいました。

どうやらあしたのジョー40周年プロジェクトの目玉事業らしいのですが、どうにも成功するビジョンが思いつかないのです。山Pクンも現在のドラマ収録が終わったら撮影までボクシングの練習に励むとの事なので頑張って欲しいとは思いますが、現在確定、もしくは公表出来るキャストが山下クンのみと云うことは、まず「それありき」で話が進んでいたと云う事ですよね多分。「それ」ってのはジャニーズメンバーを使うって事ですが。スケジュール抑えがまず一番最初の仕事ですから。

続きを読む "あしたのジョーが実写映画化??"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

映画 「X-MEN オリジン ウルヴァリン」 予告篇

最近、趣味的な情報についての入手ルートがほぼ限定されていて。案外有名な話題をまったく知らない、なんてことが多い私ですが皆さんは如何お過ごしでしょうか。

映画「X-MEN」のスピンオフとしてウルヴァリンの過去を題材とした映画が公開されるようですね。ズバ抜けた再生能力をもつミュータントが故に老化も著しく遅く、かなり過去からウルヴァリンは存在していたようです。予告篇見るとどうやら第一次大戦や南北戦争にもその姿が…。(一体何歳だお前は)

軍の超人兵士実験でアダマンチュウムの骨格を入れられ、更に不死身性を増した彼ですが、原作コミックでは第二次大戦でナチス・ドイツと戦ったりしてたようです。

予告篇でちらっと見える「あいつ」は多分1作目に出てきたセイバートゥースでしょうか。奴も昔からの馴染みだったんですかね。

公開を楽しみに待ちます。

| | コメント (0)

2009年1月15日 (木)

実写版ヤッターマン ドロンボー一味遂に公開!

あけましておめでとうございます(遅過ぎ)

002l

やっとドロンボー一味の写真が公開されましたが、ドロンジョとボヤッキーはともかく、トンズラーの鼻は何だこりゃ(笑)でも全体的には割といい感じかもしれません。深田恭子のドロンジョ様も結構色っぽいじゃないですか。

Photo

三人で5000万かけただけあって、素材的にもしっかりしてそうです。ちょっと安心しました。邦画デビルマンみたいになったらもう最悪だからね。まあ監督が三池だからそんな心配はしてないけど。(デビルマンだって三池も手を挙げてたのに東映は無視して子飼いのBE-BOP野郎<もう名前すら忘れた>に監督させたもんな。あげく世紀の大駄作…)

Kko_4 アイちゃんもしっかりいい感じ。

1006555_01

ただ1号の櫻井クンの写真がなかなか見当たらないのはジャニーズの差し金ですか?新聞とかには出てるんですけど。

2008120500000023flixmovithum000

ポスターも完成して、否が応でも盛り上がりますね。傑作にはならんと思うけど、「ヤッターマン」を期待して観に来た人達を裏切ることはないようです。音楽もアニメ同様、山本正之が担当するとのことでこれは期待大です。

Yatterman

さあ、心躍らせて公開を待つとしますか。

080328_yatterman_main

↑なんかこれ、Tフロントのパンツに見えるんだけど気のせいですか。



| | コメント (0)

2008年7月20日 (日)

実写版ドラゴンボールのポスターお披露目…

昨日から全国の劇場で掲出され始めたらしいですね(行ってない)。子供達は夏休みに突入し、ポニョ(崖の上で放尿?)も封切られ、大人達は3連休の真っ只中とまあ、いいタイミングです。

Boru

これしかし、正直どんな感じになるのかね。実はアクションにはそれ程期待してない。チャウ・シン・チーも絡んでいるとのことなので、カンフーハッスルとマトリックスを足したようなもの程度になれば御の字といったところでしょうか。

ただ悟空役のジャスティン・チャットウィンの体つきを見てるとそんなに動きそうにない雰囲気があるんだよね。主役だけはせめてカンフーアクションの出来るアジア系の役者を持ってきてそこにCG合成とかだと良かったと思うのは私だけでしょうか。(ジャッキー・チェンとジェット・リー共演のドラゴン・キングダムみたいな感じ)

このままだとただのコスプレ映画になりそうでちょっと怖い(笑)制作費は100億を越えているとのことなので心配は杞憂なのかもしれませんが。でも主役はどうしても白人系を持ってきたかったんでしょうねー。欧米での原作ヒットの要因の1つにスーパーサイヤ人に変化したときの容姿が金髪で白人種を想起させるって部分もあったみたいだし。

10078116125_2 

いっそのことコスチュームはもっとオリジナルにしても良かったかもしれません。X-MENみたいに。その方が原作との差異を感じさせずに映像にのめり込むことが出来るかも。まあ日本で先行上映もあるとのことですので、ぼちぼち出てくるであろう追加情報を追っていきたいと思います。

10078116876

くれぐれも邦画「デビルマン」のときのような馬鹿な失敗はして欲しくないものです。ファンの多い作品ですから。

まあ、こんな風にはならないとは思いますが↓

韓流実写版ドラゴンボール

E27b61b2

リンク: 「悟空が仁王立ち!実写「ドラゴンボール」ポスター世界初公開」エンタメ‐映画ニュース:イザ!.

| | コメント (2)

2008年2月24日 (日)

やっとAKIRA実写映画化だね。

Wwww_2ず~っと前から企画だけはあがってたAKIRAが、やっと正式にハリウッドで実写映画化が決定して来年夏の公開だそうです。前後編の2本立て。 プロデューサーにレオナルド・ディカプリオの名前も見えますが。catface

舞台も「ネオ東京」ではなく、「ニュー・マンハッタン」に場所を変えての登場。今の技術で大金をかけて作るとこんなのが出来るんだってのが見れそうでかなり期待しております。大体漫画原作の実写映画化ってろくな結果にならないんで、一縷の不安はあるんですけどね。でも腐ってもハリウッド、一応ちゃんと観れるものを挙げてくるとは思います。

*まあ、強殖装甲ガイバーみたいにならなければそれでOKです。邦画のデビルマンみたいになったらマジ恨むよ。dash

6年前に一度企画が煮詰まり始めたときは、「ワイルド・ワイルド・ウェスト」のプロデューサーと「ブレイド」の監督で企画は動いてましたけど、結局制作にこぎつけられなかったので今回はしっかりとお願いします。

こんなん本当に観れたら嬉しいなー。

339836568_bb9c75ede1

これであと不安なのはドラゴンボールか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

ピューと吹く!ジャガー「 なんかのさなぎ」PV

ピューと吹く!ジャガーTHE MOVIE。

こちらのエリアでは公開されてないんで、せめて浜~の「なんかのさなぎ」でも聴いてようか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)