レビュー

2008年1月 2日 (水)

そのケータイはXXで:書籍レビュー

映画「エクスクロス」の原作であり、タイトルのXXはエクスクロスと読みます。

ジェットコースタースリラーと題された本作を手に取り、最初に思った第一印象はこういう出版のされ方をする小説は多分、面白いものなんだろうな、といった漠然としたイメージ。

「第一回 このミステリーがすごい!大賞」の最終候補作として残り、惜しくも選には漏れたものの、原稿を読んだ編集者が捨てがたい魅力を感じたため、特例として出版されることになり、そしてすぐに映画化が決定された、というのがその経緯です。

「リング」「バトル・ロワイアル」「ホワイトアウト」を見たときに感じた面白そうな匂いがこの作品にも漂っており、読んでみました。作者は20代後半、作家を目指しながら現在某ホテルのベルボーイとして勤務されている方とのことです。

一読後、感じたものは「面白いんだけど…」でした。この「…」の部分が微妙な作品で、確かにグイグイと息をつかせぬ展開で物語に引っ張り込まれ、ハラハラドキドキの連続なんですが、あまりに情報過剰というか表現過多というか、支離滅裂の数歩手前というか…。

プロット自体は凄く面白そうです。女友達と失恋の痛手を癒すための温泉旅行に出掛けた主人公の女子大生は、偶然立ち寄った妙な違和感の漂う阿鹿里村(あしかりむら)というひなびた村の旅館の押入れで、持ち主不明の古い携帯を拾います。その電話にかかってきた第一声が「逃げろ!そこから逃げるんだ!足を切り落とされるぞ!」という切羽詰った忠告、片目を潰され片手片足を切り落とされ、生き神様として座敷牢に死ぬまで繋がれるというこの村に残る風習、そして阿鹿里(足刈り)の里の中を主人公たちは逃げ惑い、追い詰められ、闘う羽目になるという、スリラーアクションとしてはもう存分に楽しめるシチュエーションです。

ただ先に述べたように表現過剰な描写や、「こんな状況でそんなこと普通しねーだろ?」とか、「なんでこの状況下でそんなに冷静に対応してるねん?」いう突っ込みをかましたくなるシーンが多々登場するため、そっちに意識を取られてしまうのが何とも勿体無い。サービス過剰の駄菓子屋というか、頭から尻尾まであんこがぎっしり詰まったタイヤキ(ただし餡は高級品ではなく普通レベル)というか、「面白いんだけど…」なんです。物語に惹きつける構成力・文章力は確かにあるんですが、そのパワーが作品のなかに散漫に(意図的?)点在してしまい、読後感に何か物足りないものを感じてしまう出来というか。

面白ければ、次巻以降(地獄のババぬき)も読んでみようかと思ってましたが、ちょっとどうしようか思案中。多分面白いんだろうけど…。

宝島社文庫「そのケータイはXX(エクスクロス)で」 (宝島社文庫) Book 宝島社文庫「そのケータイはXX(エクスクロス)で」 (宝島社文庫)

著者:上甲 宣之
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

湘爆完全版14巻レビュー

湘爆の完全版が出ているという事に、ふと立ち寄った書店で初めて気が付きました。少年画報社から出ていた当時のコミックスがまだ本棚の片隅で埃をかぶっている手前、カラー原稿復刻&発表順での掲載&大判だからといって全部買い直すつもりは無かったのだけれど、14巻の帯に書いてある「オール新作だす!(ザ・ヨシダも載ってます)」の声に惹かれこの14巻は購入してしまいました。

連載はモーニング等に掲載されてたみたいです。2006年2月~2007年4月に発表された新作の湘爆です。
桜井の朝顔の君との後日談、マルがモヒカンにした理由でもある初代湘爆特攻隊長の話、サマンサの後日談(真紫も出る)、湘南グラフティの時任達が登場する話、文化祭後夜祭の後の話などなど、懐かしい知り合いにばったり会ったような感じがします。

江口、アキラ、マル、ハラサー、桜井…。そして権田。奴らの名前も、好きなモノも、実家の商売も、愛するマシンも、後輩達の名前も、まったく忘れることなくずっと頭に入っていたことに自分でちょっと驚きました。好きだった湘爆のまだ読んだことがない話があるって、なんかワクワクしますよ。是非気分だけでもあの頃にちょっと戻ってみてください。

ただ、やっぱりあの頃読んだ湘爆とは違うと、あえていっておきます。久し振りに食べて美味しいんだけど、記憶とちょっと違っているような気がする料理を食べている違和感?

作者もそうだし、何よりも自分自身があのときの、「高校生の目」で読んでないんだなーってことに気がつきます。

湘南爆走族 14 完全版 (14) (KCデラックス) Book 湘南爆走族 14 完全版 (14) (KCデラックス)

著者:吉田 聡
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

機動戦士ガンダムさん3巻レビュー

機動戦士ガンダムさん みっつめの巻 機動戦士ガンダムさん みっつめの巻
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

1巻はつまらない部分も若干あったものの、総体的にはかなり笑わせて貰いました。
でも巻が進むにつれどんどんパワーダウンしていくような気がするのです。
4コマのネタが無いのでストーリーもの(ザク隊長とか)で水増しされたものを読まされているような気分。

1巻の4コマは正直腹抱えて笑えるよーな光ったものが幾つかありました。そのレベルを維持したまま4コマを描き続けるのは しんどいんでしょうが、私の読みたいのはそーゆーのでした。

せめて頁の半分は4コマで構成して貰えたらもっと楽しかったんじゃないかな。
このままどんどん4コマの占有率が減ったまま連載が続くような気がするよ。

| | コメント (0)

2007年9月30日 (日)

赤ちゃんと話そう!生まれる前からの子育て<書籍レビュー>

赤ちゃんと話そう!生まれる前からの子育て―胎内記憶からわかった子育ての大切なこと

感想:
胎内記憶というものがあるということを教えてくれる本です。
3600組の母子へのアンケートで胎内記憶があると答えた子供は33%。
その33%のなかで胎内記憶を自分から話し始めた子は約2%。
親から質問されて答えた子は約30%。
その殆どが2〜3歳のときのことだそうです。

「お母さんのことを空からずっと見てたんだよ。それでお母さんの子供になりたくて
ぴゅーっと降りてきたの。空には一杯子供たちがいたよ。」と話す子供たちの言葉は
これから親になる私たちにはとても心強いものでした。
ちょっと宗教的に感じる部分もあるかもしれませんが、「出産」ってそういうもんかもな と思えるところもあります。
語りかけを赤ちゃんはお腹で聞いてますよ。新米父親にすぐに懐かない場合って、大抵 お腹のなかにいるときに語りかけをしなかったかららしいです。
聞きなれない声なんで不安に感じるんでしょうね。講演でその話をすると皆焦ってその日 からお腹に語りかけするというのがなんとも可笑しかったです。
うちの子も大きくなったらお腹の中にいたときの事を話してくれるのでしょうか。

赤ちゃんと話そう!生まれる前からの子育て―胎内記憶からわかった子育ての大切なこと

著者:池川 明

赤ちゃんと話そう!生まれる前からの子育て―胎内記憶からわかった子育ての大切なこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立喰師列伝レビュー

立喰師列伝 通常版 DVD 立喰師列伝 通常版

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2006/09/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

過去の押井作品に度々さりげなく登場していた立喰師、説教や泣きなど様々な手法を用いて無銭飲食を常道とするその道のプロ達を主役として成立させた映画。
レトリックが多く、というより映画そのものがレトリックに縁取られることによって構成されており、延々と語られるナレーションの情報量の洪水は押井ファンにとっては気持ちのいいものであるが、ファン以外の人にはちょっと抵抗感のあるものかもしれません。
一緒に見ていた嫁は途中で寝てしまいました。笑

「紅い眼鏡」の月見の銀二、「御先祖様万々歳!」の哭きの犬丸(この犬丸のくだりは台詞の展開もほぼ一緒)、「犬狼伝説」の冷しタヌキの政(やはり撲殺されますが)など、その他かつて名前だけは様々な作品で登場していた立喰師たちのその詳細を戦後昭和史とともに語る、ある意味で押井作品における一種のキャラクタースターシステムによって創られた映画であり、やはり「知っている」人はニヤニヤするけど一般受けはキツイかなあと。
写真によるアニメーションのため、あえて役者等を極力使わないキャスティングはツボに来ました。牛丼の牛五郎役の樋口真嗣(本業:映画監督)、ハンバーガーの哲役の川井憲次(本業:作曲家)はハマリ過ぎです。中辛のサブ役の河森正治(本業:メカデザイナー)に至っては国籍不明のインド人っぽい人という設定で爆笑しました。素の顔が既に国籍不明っぽい人だし。チュカラ!チュカラ!笑

あとあえていえば盟友・伊藤和典のクリーミーマミをパロったクレープのマミも見たかったんですが、こちらは続編で登場するそうで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)